サポートセンター

T.T.さん(大邱大学)|韓国留学体験談

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

留学体験談
T.Tさん(大邱大学校)

> > >

T.T.さん


大邱大学・短期課程 留学体験記 Part.1(写真レポート付き)

名前 T.Tさん(大学4年生) 建国大学
プログラム 短期語学留学
都市 韓国/大邱
学校 大邱大学校
(正規課程・フレックスコース)
期間 2016年9月(2週間)

1. なぜ大邱大学を選びましたか?
短期でもスケジュールに融通が利くプログラムは時間に制約があった私でも参加しやすかったからです。また韓国の方言を聞きたいと思っていた私にはピッタリでした。


2. 大邱大学に来て驚いたことは?
広大なキャンパスに圧倒されました。キャンパス内にはゴルフ場から牧場まで日本の大学には見られないような場所もありましたが、何より落ち着いた雰囲気の中で勉強できる雰囲気だと感じました。


3. 滞在先の様子は?
私が滞在していた外国人寄宿舎では深夜12時が門限で毎週火曜日に点呼がありました。寄宿舎内には食堂やクリーニング店、自習室などもあり生活しやすかったです。また様々な国からの留学生が滞在していたので韓国人以外の方とも知り合う機会に恵まれました。


4. 授業の様子は?
私は中国からの留学生8人と初級クラスで学んでいました。先生方が親切で熱心に指導してくれたのが嬉しかったです。授業はとても分かりやすく丁寧で、ビジュアルにうったえるような授業、そして生徒になるべく「話す」機会を与えるなど、勉強に飽きさせない工夫を施しているように感じました。
笑いが絶えない楽しい授業でありながらも適度なスピードでかなりの分量をこなしてゆくので質の高い授業であると思います。


5. どうやって韓国人の友人を作りましたか?
先生から紹介されたトウミから始まり、たまたま学内で「日本人の友達募集」のポスター見つけて連絡をし、そこから親しくなったり、日本語を勉強している大邱大学の学生に声をかけられたりと、何かと機会がありました。


6. 留学中で印象に残っているエピソードは?
滞在初日の夜、寄宿舎で過ごしていると地震が起きて、驚いた学生が一斉に部屋の外に飛び出しエントランスに集まりました。日本のように頻繁に地震が起きない国から来ている留学生が多かったのでとても衝撃的だったようです。
この一件で、アフリカのタンザニア共和国、マラウイ共和国からの留学生と知り合うことになり私が帰国するまでの間、彼らとも親しく交流することができました。


7. 毎日エデュケーションの留学サポートを受けてよかったことは?
出発から滞在中、帰国まできめ細かなサポートをしてくださったので初めての留学でしたが全く不安を感じず、現地での生活に没頭するあまり、しばらく日本のことを忘れていたほどです。分からないことは迅速に、そして的確に対応してくれるこのサポートがあったからこそ留学中は思いっきり楽しむことができました。


8. 今後、大邱大学に留学する方へメッセージ
大邱大学での一番のオシは留学生へのサポート体制だと思います。サポート担当の国際処という事務室では日本担当のスタッフが2名いらっしゃいましたかが、2人ともそこまでやってくれるのかと感動するほど気遣いをしてくれました。トラブルが起きてもスピーディーに対応してくれて、とても感謝しています。また、首都ソウルにはない地方都市ならではの魅力がある大邱大学は強くオススメできます。勉強する環境は整っており、質の高い授業が受けられます。また特徴的な大邱方言が聞けるのでドラマや映画だけでは知ることのできない韓国を体感することができます。


9. フレックスコースということで途中から入学することに支障は感じませんでしたか?
途中入学ということで授業についていけるかが一番の心配でしたが、担任の先生が配慮をして下さり、また授業自体も基本事項を深く扱っていたので理解がしやすく支障は全く感じませんでした。


10. このプログラムに参加して一番良かったと思えることはどんなことですか?
少しではあるもの自分の韓国語の力の伸びを感じたこと。そして、様々な人に出会えて密度の高い時間を過ごせことです。
授業時間はもちろん、トウミや他の韓国人の友人と過ごして韓国語漬けの環境にいたからか、日本にいた時よりも韓国語が聞き取りやすくなっていることに気づきました。韓国人の方はもちろん様々な国からの留学生と共に過ごし、よい刺激を受けることができました。大邱という土地自体も好きになり、また戻ってきたいとも思ってます。


★大邱大学の写真レポート★

■教室
私が学んでいた初級クラスでは先生を囲むように席が並べられて授業を行っていました。机の前面には各々の名前を貼っていたのでクラスメイトの名前をすぐに覚えることができました。
授業では、ホワイトボードのみならずモニターを使ってスライドショーのような形で授業を行ったりして聴いていて集中が途切れることがありませんでした。
また、ペアワークが多かったのでクラスメイトと仲良くなるのは難しくなかったです。
担任の先生のユーモア溢れる授業と学生一人一人の気配りにはさすがこの道のプロであると感動しました。

教室



■学生食堂
大邱大学の複数ある学生食堂の中で一番よく利用したのが、寄宿舎近くの「Green teria」という食堂です。
清潔感のある食堂で、定番の韓国料理から中華、トンカツまで豊富なメニューが用意されており、価格も安くおいしかったです。
食堂内にはパン屋や化粧品店まであり特に昼休みは多くの学生で賑わいます。

学食

メニュー



■寄宿舎
私が滞在していた外国人寄宿舎。寮の管理は韓国人の学生が手伝っていました。寮内には食堂、クリーニング店などもありました。
門限等の規則はありましたがセキュリティはしっかりしています。
ここから歩いて10分のところに授業を受けていた教室があり、毎朝よい運動になりました。
寄宿舎の周囲は別の寄宿舎や学生食堂がありましたが、とても落ち着いた雰囲気だったので騒音もなく夜は安心して眠れました。

寄宿舎



■大学構内・周囲

寄宿舎

広大な大学構内にはサッカー場の他、ゴルフ場、牧場までありました。最初に来た時には、とにかくその広さに驚きました。
また、正門にこれまた広大な湖があり、テラスから湖が見渡せるカフェは大邱大の学生に人気のスポットになっております。

サッカー場
グラウンド
牧場
池



■観光地(西門市場)
朝鮮時代の三大市場の一つであった西門市場(ソムンシジャン)。夜7時過ぎからは多くの屋台が並び、観光客のみならず地元の人々で賑わいます。

市場
屋台



■観光地(寿城池/スソンモ)

寿城池
寿城池


大邱大学・短期課程 留学体験記 Part.2へ



韓国 韓国 留学体験談へもどる >>






  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る