サポートセンター

海外留学をもっと楽しく!〜 毎日留学ナビ、3月の特集

アメリカ留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

3月の特集 シアトルライフ徹底解剖

> > シアトル特集(2010.3)
> > シアトル特集(2010.3)

なぜ今、シアトルか?
シアトル・マリナーズやスターバックス、マイクロソフトが生まれた街として日本人にもなじみが深いシアトル。この街が新しいものを次々に生み出す秘密は、どうやら人とライフスタイルにあるようです。
世界的な不況で先の見えないこの時代、シアトル流の社会のあり方をたくさんの人に知ってもらい、体感してもらいたいという思いを込めて、3月はシアトルの魅力&留学情報をご紹介します!


シアトル特集のコンテンツ

シアトル特集のスペシャル・インタビューは、慶應大学総合政策学部(SFC)専任講師 で、ソーシャルベンチャーパートナーズ東京 代表の井上英之さんです。チェンジメーカーを数多く育てる街シアトルの魅力と原動力について、伺いました。

 リンク スペシャル・インタビューを読む

シアトルを知るための3つの質問


シアトルで学ぶ3つの留学プラン

 1.社会起業団体インターンシップ&ワークショップ
 2.コミュニティ・カレッジへの留学
 3.民間語学学校への留学

 リンク 留学プランの詳細はこちらから!

シアトルを知るための3つの質問

 1.シアトルの魅力とは?
 2.留学先としてのシアトルのメリットとデメリットは?
 3.シアトルのおすすめスポット3つ

 リンク 皆さんの回答はこちらから!




シアトル・フォトコンテストを実施中!

「Twitterフォトコンテスト」(dpmax主催)にて、
毎日留学ナビプレゼンツ「今話題のシアトルにまつわるショット」を募集中!

シアトル賞 として1名様にAMAZONギフト券をプレゼントします。(募集期間は3/1〜3/31)  リンク 詳しくはこちら


井上英之さんインタビュー

マリナーズのイチロー選手で一躍日本中の人々が知ることになったアメリカ西海岸の都市「シアトル−SEATTLE」。イチロー選手の活躍も素晴らしいけれど、この街が、これからの社会を変えるムーブメントの発祥地であることを知る人は意外に少なくありません。チェンジメーカーを数多く育てる街シアトルの魅力と原動力を、日本の社会起業家育成・輩出の先駆者でもある慶應大学総合政策学部(SFC)専任講師で、ソーシャルベンチャーパートナーズ東京 代表の井上英之さんに伺いました。


井上英之さん

【プロフィール】
慶應義塾大学 総合政策学部 専任講師
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 代表

慶應義塾大学在学中より緊急援助NGOに参加。ジョージワシントン大学大学院でパブリックマネジメントを専攻。その後ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティングを経て、ETIC.に参画。2002年から社会起業家の育成・輩出に取り組み、2005年シアトルの社会起業向け投資機関「Social Venture Partners」に勤務。同年秋より、慶応義塾大学総合政策学部専任講師。2009年、World Economic Forum(ダボス会議)より、Young Global Leaders として選出。
井上英之研究室HP http://social.sfc.keio.ac.jp/

井上英之さん


 「シアトルナイス」が最大の魅力

井上英之さん

シアトルはよく「エメラルド・シティ」と言われますが、本当にエメラルド色の街なんですよ。湖と森がたくさんあって、非常に美しい。特に春から秋口にかけての美しさというのはシャレにならない。毎日空を見ているだけで、「生まれてきてよかった」、「今日一日が始まって良かった」と思える程の美しさです。一方で、秋と冬は雨のシーズンで、暗くてどんよりしていて、実は結構自殺も多いんです。でも雨の季節に蓄えた素晴らしい生命の息吹を、残り半分の季節で一気に開かせると思えばいいかなと。
ぼくが住んでいたPhinney Ridge(フィニー・リッジ)は、ダウンタウンを上がっていった丘の上にあるんですけど、一方には湖と山、反対側には海をはさんで国立公園があり、オリンピックマウンテンが見えました。都市なのに、朝起きると庭にハミングバード(ハチドリ)が現れます。こうした環境の良さに加え、アメリカンフットボールや野球などスポーツも盛ん。コンパクトに全てが揃っていて、本当に住みやすい街ですね。

もっと大事な面でいえば「シアトルナイス」と言われる人柄の良さ。住人たちの素晴らしさというのが、ものすごく大きい。
象徴的なのは、歩いていて道路に差しかかると、車が自ら停まって手で催促してくるんです。「早く渡っちゃいなさい!」と。その瞬間ぼくは「やられた!」と感じるんです。美意識が東京と逆で、譲ったほうが勝ち。懐の深さ、人間の大きさを見せつけられた感じですね。カフェで並んでいても、待っている人たちがイライラしたりする感覚がない。それどころか逆に「今日は大変ね」と、店員に声をかける。大変な状況というのは、店員のせいじゃないじゃないですか。本当はオーナーが店員を増やすべきであって。

そういう、何かをしている人や、誰かの挑戦に対して、非常に共感性が高い。それを「ソーシャルキャピタル」と言ったりします。いろんな背景があって、シアトルではこのソーシャルキャピタルが育まれている。だから例えば黒人とアジア系が結構溶けあっていたりする。もちろん人種差別がゼロだとは言わないけれど、僕の感覚で言うと、お互いが非常に近い。



シアトルには、新しいことを始められる空気がある

ソーシャルキャピタルについて言えば、ぼくが最初にシアトルに行ったのは1992年。コーポレイト・フィランソロピーの勉強のためでした。英語が下手で、まだ希望や夢しかない状態でも、いろいろ回っていると「この子は日本のフィランソロピストだ」と、すごくポジティブに評価してくれた。つまり「シアトルナイス」というのは、誰かが何か新しいことを始めようとするときに、最初に「それいいね!」と言う感覚なんです。そういう姿勢がかっこいいとされるし、スタンダードなんですよ。その上で「じゃあどうしようか」と、困難などについても検討していく。

こうした態度から何が起きたかというと、アマゾン・ドットコム、エディバウアー、マイクロソフト、スターバックスなど、様々な新しい企業が生まれた。最近ではバイオ・ベンチャーもすごく盛んです。それからジミ・ヘンドリックス、パールジャム、ニルヴァーナなど新しい音楽が生まれ、同時にノンプロフィットが生まれた。だからシアトルには新しいことを始める何らかの空気があるんですね。

全体的にみると、シアトルでは同時にIT革命もちゃんと起きています。ITが人の生き方、働き方を促進して、みんな5時に帰って家族や恋人と過ごし、自分の時間をもてるようになった。そして翌日は元気に職場に行く。さらにシアトルは「バーよりカフェ」の文化があって、朝早く起きて、カフェに行って話をする。こうしたライフスタイルが新しい価値を生み出し、スターバックスやマイクロソフトを生んだんです。日本ではその新しい価値がうらやましくて、死ぬほど働いて、稼いだお金をどんどんマイクロソフトやスターバックスにつぎ込んでいく。それを見てると悲しくなってしまうこともあります。

SIIS見学中

シアトルで行われるユニークなプログラム「Social Innovation in Seattle(SIIS)」(iLEAP主催)を見学中の井上さん。インターンシップ&ワークショップで構成され、社会的起業・社会変革について学ぶプログラムです。詳しくはこちら



留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリット

シアトル

デメリットはすごく簡単で、「長い冬」。秋から春先までの雨の季節は、本当に気が滅入ります。そこはいずれ訪れる美しいシーズンに備えて「これは投資なんだ」と考えるといいですね。部屋にこもって勉強したり、人と会って話したり。その期間を栄養としてどう使えるかです。
メリットはやっぱり「ソーシャルキャピタル」。非常に人のつながりがあって、ポジティブ。自分から戸を叩いて、「私はこういうことに興味があるよ」「こんなことがあるんだよ」と、どんどん人に言ったほうがいいですね。人に伝えることによって扉が開かれていく。だから貪欲に自分をもって、大いにそれを利用しないと。戸は開かれているけど、自分から踏み込んでいかないと、中には入れない。それさえすれば、ビジネスでもソーシャルイノベーションでもいろんなチャンスがあります。
ただ、ぼくも、92年に初めて留学した時、最初はすごく苦労しました。最初に行ったホストファミリーがちょうど家庭に問題を抱えていた時期で、家族の会話が全くない。夕食も毎日同じようなメニューという、最低な状況でした。気が狂いそうになって、下手な英語で一生懸命ジョークを言ったりするんですけど、シーンと・・。そこからホストファミリーを代えてもらった。必死に、状況を伝え、いろんな人の協力をもらいながら、今度は、自分で環境をつくりなおしたんです。だから「フレンドリーなホストファミリー」とか「オープンなアメリカ人」とか、そんな映画みたいな生活を思い浮かべて、過度な期待をしちゃいけない。土地によって人柄も違うし。何より、自分で環境を作っていかないとだめですね


シアトルのおすすめスポット3つ

(1) セーフコ・フィールド Safeco Field
セーフコ・フィールドは絶対に行ったほうがいい。野球に興味がなくても、あそこは人が集まるコミュニティ・スペース。子供の遊び場所もあるし、立ち飲みバーもあります。野球だけを楽しむだけでなく、人が集い、つながる場所なんで、あそこに行くとシアトルがよくわかります。

(2) レッドミルバーガー Red Mill Burgers
めちゃくちゃ美味しいですよ。日本人はマクドナルドみたいなのがハンバーガーだと思ってますけど、食べ物はそれが生まれた土地で食べるのが一番美味しい。レッドミルバーガーは、そんなに高くないんですけど、丁寧にしっかり作られている。パテとパンがちゃんと合ってて、新鮮な玉ねぎが入っていて、クセになる美味しさです。そこで売ってるレモネードもたまらなく美味しいです。

(3) カフェ
カフェをぐるぐる回りましょう。大手チェーンよりも、インディペンデント系がいいですよ。たとえば、スターバックスにいた有名なバリスタらが、どんどん自分たちでインディペンデント系カフェを立ち上げた。そこも流行ってきたら「もうこれじゃない」と、更なるカフェに挑戦する。シアトルには伝説のバリスタが何人かいて、有名なところだとエスプレッソ・ヴィヴァーチェ(Espresso Vivace)を立ち上げた人は、イタリアで修業してアメリカに初めてラテアートを広めたバリスタだときいています。


トップに戻る


シアトルの現地最新情報をもっと知りたい!という方におすすめのサイト

JUNGLE CITY.COM

1998年からシアトル・ワシントン州の情報を日本語でお届けしています。留学・生活に役立つ情報から旅行に便利な情報まで、毎日更新。シアトルで活躍する日本人のインタビューも満載です。現地の日本人と情報を交換できる掲示板もぜひご利用ください。
Jungle City





留学、研究、仕事など、様々な目的でシアトルに住んでいる方、または住んだことがある方たち5名に、シアトルを知るための3つの質問をご用意。それぞれの切り口からお答えいただきました!

  回 答 者 回答のダイジェスト

1

角谷紀誉子さん

角谷紀誉子さん

サクセス・アブロード・カウンセリング 代表

【質問1】 シアトルの魅力
西海岸特有なゆったりした感覚と、それほど大きくない都会がうまく融合している。日本に一番近いアメリカの都市というのもうれしい。

【質問2】 留学先としてのメリット・デメリット
メリットでもありデメリットでもあるのが、ニューヨークやロサンゼルスのような大都会ではないこと。

【質問3】 おすすめスポット3つ
・ レニア山
・ ボーイング工場
・ セーフコ・フィールド

リンク 角谷紀誉子さんの回答:全文はこちらから!


2

Yoshiさん

Yoshiさん

留学生 (交換留学)

【質問1】 シアトルの魅力
何と言っても景色。晴れた日の空はとても美しく、海も穏やかでとてもきれい。

【質問2】 留学先としてのメリット・デメリット
日本語を学ぶ学生やビジネスマンなど、現地の人と話す機会が多い。

【質問3】 おすすめスポット3つ
・ ガスワークスパークからの夜景
・ パイクプレースマーケット
・ イチロー選手が出るマリナーズの試合!

リンク Yoshiさんの回答:全文はこちらから!


3

Shioriさん

Shioriさん

留学生 (大学留学)

【質問1】 シアトルの魅力
街がきれいで、自然も多い。都会にもかかわらず、治安が良い。

【質問2】 留学先としてのメリット・デメリット
夜まで安心して図書館で勉強できるし、遊ぶ場所も少なく勉強に集中できる。日本人が多いが、デメリットとなるかは自分次第。

【質問3】 おすすめスポット3つ
・ アルカイビーチ
・ ドイツ村
・ ワシントン大学

リンク Shioriさんの回答:全文はこちらから!


4

Sさん

アメリカ在住37年
日本人留学生のホストファミリーとなっている。

【質問1】 シアトルの魅力
自然と調和がとれている。日系人が多く、日本食文化がある。

【質問2】 留学先としてのメリット・デメリット
日本に近い暮らしができるから、ホームシックが少ない。逆に中西部や南部に行ったときに、カルチャーショックを受けるかも。

【質問3】 おすすめスポット3つ
・ 公園
・ 自転車道路
・ ダウンタウン

リンク Sさんの回答:全文はこちらから!


5

Cさん

留学生

【質問1】 シアトルの魅力
気候が日本と似ていて過ごしやすい。緑が豊か。

【質問2】 留学先としてのメリット・デメリット
主な交通手段がバスのため不便に感じる。

【質問3】 おすすめスポット3つ
・ スペースニードル
・ パイクプレースマーケット
・ ボランティア・パーク

リンク Sさんの回答:全文はこちらから!




No.1 西海岸のゆったりした感覚 × ちょうどよい規模の都会 〜 角谷紀誉子さん

角谷紀誉子さん

サクセス・アブロード・カウンセリング 代表

【プロフィール】 神戸出身、県立神戸高校、武庫川女子大学薬学部、ニューヨーク・ハンターカレッジ・ソーシャルワーク修士課程終了、米国ワシントン州認定臨床ソーシャルワーカーとしてシアトルで活動中。
▼ 毎日留学ナビでもコラムを連載中
連載コラム 「在米カウンセラーのメッセージ『留学は修行!』」
サクセス・アブロード・カウンセリング HP

角谷紀誉子さん


質問1: シアトルの魅力はどんなところでしょうか?

緑にあふれ空気がきれいで気候が温暖。レニア山という富士山に似た美しい山あり、海あり、湖ありで、自然が都会のすぐそばにある。西海岸特有なゆったりした感覚と、それほど大きくない都会がうまく融合している感じ。アウトドアが好きな人には、自転車、登山、キャンプ、カイヤック、ロッククライミング、ダイビング、スキー、スノーシューなど、年中楽しめるところ。

多くのシアトル人は、他州の人たちよりも自分の時間や、自分のスペースを大切にしているようで、学校や仕事の帰りに出かけるよりも、まっすぐ家に帰るのを好む人が多い。「ノースウェスト(シアトルやポートランド周辺を指す)の人は、信号のない交差点に車が同時に来たら、『そちらが先にどうぞ』と譲り合う」と、テレビのコマーシャルでも言われるように、マナーがいい人が多い。

レニア山▲レニア山にて


また、日本に一番近いアメリカの都市だというのも、日本人にはうれしい。適度にいろいろな人種がいるので、「白人ばかりの中にポツンとひとり日本人」という思いはしなくてもよく、差別も少ない。日系人が1900年代に移民した歴史があり、日本文化が多く見られ、日本食が手に入るスーパーマーケット「宇和島屋」があり、日本食レストランも多い。日本人には暮らしやすい場所。


質問2: 留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリットは?

メリットでもありデメリットであるのは、ニューヨークやロサンゼルスのような大都会ではないこと。観光スポットが少なく、夜に出かける場所も少なく、誘惑が少ない分、勉強に集中できる。
マイクロソフト、スターバックス、アマゾンなどの本社があり、コンピューター関連のインターンシップや就職先が多い。日本企業も西海岸には多い。ワシントン大学は全米でも優良大学のひとつ。コミュニティーカレッジも多く、バラエティーのある学校や専攻から留学先を選べる
シアトル市内に住み市内の学校に通うと、バスが多いので車は必要ない。大都会よりも治安がよく、人は親切。しかし、レストランのラストオーダーは20時半で、22以降開いている店は少ないため、夜型の人にはつまらないかも。物価は中西部や南部よりは高い。
シアトルは雨が多いので、西海岸の毎日晴天の真っ青な空の下で留学を考えていた人はギャップを感じるよう。


質問3: シアトルのおすすめスポットを3つ教えてください。

(1) レニア山  Mount Rainier
日本人にとっての富士山と同じように、シアトル周辺の人にはシンボル的な存在。シアトルシナイから車で3時間ほどで別世界の世界に行ける。夏は普通の人でも結構上まで登山でき、冬は除雪されて登れるルートもあるので、真っ白な銀世界を体験できる。ネイティブ・アメリカンの人たちにとっては聖地でいろいろな伝説がある。

(2) ボーイング工場  Boeing Everett Factory
ボーイング777、767などの飛行機が組み立てられるエバレット工場が見学できる。翼、エンジン、内装など、様々な部品は世界中のいろいろなところで作られるが、最終組み立てはここ。大きな飛行機のプラモデル作成段階が見られるという感じ。スケールが大きい!

(3) セーフコ・フィールド Safeco Field
イチローがマリナーズに入団してから、はや9年。ゲームの行われていない日はバックグランドツアーに参加でき、選手のロッカールームやダグアウトなどを見学できる。グランドにも出れるので、ちょっぴりイチロー気分を味わえる。すぐ裏に列車の線路があり、貨物列車やアムトラックが通るたびに、あの独特の汽笛が聞こえる。


もどる 回答者の一覧にもどる


No.2   日本人コミュニティも含め、人との交流が有益 〜 交換留学Yoshi さん


Yoshiさん

交換留学でシアトルに来ています。現地でボランティアなどにも積極的に参加しています。

Yoshiさん


質問1: シアトルの魅力はどんなところでしょうか?

何と言っても景色です。雨が多いと言われているシアトルですが、そんなに年中雨降りという訳ではありません。むしろ晴れた日の空はとても美しく、海も穏やかでとてもきれいです。いつも賑やかなパイクプレイスマーケットでは色鮮やかな野菜や花、新鮮な魚が並び、少し行った中心街ではオシャレなインディペントカフェでのんびり過ごす人々、スペースニードルは夜になると白く光り、その存在感を魅せつけます。



質問2: 留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリットは?

【メリット】  英語の勉強がはかどると思います。シアトルには日本語を学んでいる学生が多く、彼らはとてもフレンドリーなのですぐ友達になれます。街にはカフェやバーが多く、皆気軽に立ち寄ります。そこで友達と話しているうちに自然な英語が身に付きます。
シアトルは語学だけではなくビジネスという観点でみてもとても興味深いところです。マイクロソフトやスターバックスの本社があることは有名ですし、ソーシャルベンチャー系も多いのが特徴です。ビジネスマンの多くは学生と話すことにとても前向きな方で、気軽にメールで会う約束をし色々話をするということも難しくありません。

【デメリット】  比較的留学生が多いため、いたるところで英語以外の言語を耳にします。もちろん日本人もちょくちょく見かけます。ですが、こちらにはこちらの日本人コミュニティがあり、その方達の話を聞くというのもとても興味深いです。シアトル在住の日本人が開くお祭りには毎年大勢のアメリカ人が訪れます。そういう場所で積極的にボランティアすることは非常に有益な経験でしょう。

友達と


質問3: シアトルのおすすめスポットを3つ教えてください。

(1) ガスワークスパークからの夜景  Gas Works Park
絶対に見逃せないスポットです。湖を挟んで向こう岸にシアトルの街並が広がっています。特に、日が沈み出したあたりから見始めると徐々に街に光が灯っていく様子がわかり、時間が経つのを忘れて魅入ってしまいます。

(2) パイクプレースマーケット  Pike Place Market
言われなくとも、という程有名ですが、誰もが行くスターバックス1号店やマーケットの様子をさらっと見ただけでは、まだ半分もその楽しさを満喫できていません。少し奥に行ったポストアレーのオシャレなショップ、下に降りていくとガムウォールという、あまりに多くの人々がガムを壁に向かって吐き捨ててアートのようになってしまった場所、影にこっそりある小さなバーなど、本に載っていないところで見所はたくさんあります。

(3) イチロー選手が出るマリナーズの試合! Safeco Field
選手をかなり近くに見ることができます。ほぼ皆マリナーズファンですし、ホームランが出たときの会場全体が沸いたあの興奮は他では味わえません。特にイチローが打ったときは他の誰の時よりも大騒ぎです!マリナーズが逆転ホームランをした時、観客みんなが両手を上げて立ち上がり、花火が上がった瞬間です。野球が分からない人もかなり楽しめます。

Pike Place Market

もどる 回答者の一覧にもどる


No.3  大学生活に集中できる環境があります 〜 大学留学 Shiori さん

Shioriさん

2007年秋からアメリカのシアトルで留学中。大学に編入し、教育学を専攻しています。

シアトル


質問1: シアトルの魅力はどんなところでしょうか?

シアトルの魅力は沢山あります。まず一つは、街がとても綺麗です。アメリカに来て、色々なところに旅行に行きましたが、その中でもシアトルはとびっきり綺麗な街だと思います。ごみも少ないし、お店の中も清潔ですし、バスや電車なども他のシティに比べると綺麗ですね。エメラルドシティと呼ばれるシアトルだけに緑も沢山あります。都会の中にも自然があって、住んでいてとても癒されます。あと、シアトルは大都会にも限らず治安が良いことでも有名です。さすがに夜の一人歩きは危ないですが普通に暮らしていて犯罪の危険さらされることは少ないと思います。わたしも、2年間シアトルにいますが一度も危ない目にあったことはないです。



質問2: 留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリットは?

シアトルで留学するメリットはまず治安が良いことです。安心して夜まで図書館で勉強することができます。そういう環境は遅くまで勉強しなきゃいけない学生にとって、とても有難いです。シアトルはロスとかニューヨークと比べると、あまり遊ぶ場所がなくて正直つまらないです。だけど、勉強するには誘惑が少なく集中して勉強できる環境でもあります。休日でも学校の図書館には沢山の学生が宿題や勉強をするためにいます。
デメリットは西海岸側というだけにアジア人の数が多いということでしょうか。学校にも沢山のアジア系の留学生がいます。日本人も沢山いますね。多くの学生は結局自分の国だけでつるんでしまって授業中以外は英語を使わなくなってしまいます。日本人の留学生も例外じゃないです。でも、それは本人の意志次第だと思います。



質問3: シアトルのおすすめスポットを3つ教えてください。

(1) アルカイビーチ  Alki Beach
Alki Beachはシアトルの街全部を見渡せる感じです。夜景もとってもきれいです。デートスポットにおススメだと思います。ここにあるレストランのクラムチャウダーも絶品です!

(2) ドイツ村  Levenworth
「ドイツ村」Levenworthはシアトルから少し離れたところにありますが、クリスマスシーズンのイルミネーションがとてもきれいです。おいしい本格ドイツ料理のレストラン・バーもたくさんあります。クリスマスシーズンでもシアトルの街はイルミネーションなどをあまりしないのでクリスマス気分を味わいたかったらここがベストスポットです。

(3) ワシントン大学 University of Washington
University of Washingtonは州内でトップの大学。シアトル学生の憧れの大学です。ここの大学の建物はとても造りが凝っていてすごいです。古いお城のような校舎が沢山あります。私も初めて見に行ったとき「これがアメリカの大学かぁ・・。スケールがでかい!」とびっくりました。ここの桜は有名で春には多くの日本人の人が見に行きます。とてもきれいでしたよ。

ドイツ村

▲クリスマスの「ドイツ村」


もどる 回答者の一覧にもどる


No.4  「シアトルの良さを知らせないで」と言われます 〜アメリカ在住37年、Sさん

日本を離れて37年というSさん。アメリカ人の奥様の協力のもと、日本から来る留学生のホストファミリーをしています。



質問1: シアトルの魅力はどんなところでしょうか?

シアトルの街は自然と調和された魅力的な街として、アメリカ国内でも知られています。住環境が良いことと、教育環境を重視している人が多いため、比較的治安が良いこと。そして人種または階級差別がない地域としても有名です。特に日系人の歴史が深いということもあって、日本食文化が根づいているので、日本から来ている人達にとって意外と楽なのではないかと思います。(ほとんどの日本食はスーパーの宇和島屋で手に入る)
身勝手なアメリカ人は「あまり外の人にはシアトルの良さ知らせないでほしい」と言う人たちも意外と多いようです。



質問2: 留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリットは?

留学という視点から考えると、やはり食文化が日本に近いものがあるので、日本の食事が食べられずホームシックになるということはないと思います。しかしその反面、日本の文化に近い生活を送るため、中西部または南部へ行ったとき本当のカルチャーショックを受けるのではないかと思います。



質問3: シアトルのおすすめスポットを3つ教えてください。

(1) 公園 (Washington Park Arboretum, Green Lake, Discovery Park, Gas Wor Park, Magnuson Park)

(2) 自転車道路 (Burk Gilman Trail)

(3) ダウンタウン (Seattle,Bellevue, Kirkland,Redmond)

その他でいえば、冬はスキー場に近く、夏は山登りができます。海と湖が目の前なので釣り、ヨットまたはボート遊びなどもできます。日本に比べるとお金をかけずにこうしたレクリエーションができます。雨の多い時期は充実した図書館を楽しむこともできるでしょう。また5月にはシアトル映画祭もありますし、スポーツが好きな人たちにとっても天国でしょう。


もどる 回答者の一覧にもどる


No.5  日本と似た環境で、過ごしやすい 〜 Cさん

質問1: シアトルの魅力はどんなところでしょうか?

気候が日本と似ていて過ごしやすい。緑が豊かでとても綺麗な都市だと思う。



質問2: 留学先としてシアトルを見た場合、メリットとデメリットは?

・主な交通手段がバスのため不便に感じる。またバスが時刻表通りに来ることはまずない。
時刻表などあってないようなもの。あくまで目安程度。
・日系スーパーがあり、日本の食べ物や日用品、本やCDなどが手に入る。
・比較的安全。
・日本人が多いため、日本人の友人をつくりやすい。クラスに日本人が自分ひとりだけ…という状況はあまりない。→英語をあまり使わないことも…。



質問3: シアトルのおすすめスポットを3つ教えてください。

(1) スペースニードル  Space Needle
観光スポット。展望台からの眺めは素敵。夜景もキレイ。

(2) パイク・プレース・マーケット  Pike Place Market
こちらも観光スポット。活気のあるマーケットで休日は人が多い。スターバックス1号店もある。 このマーケットにあるスリー・ガールズ・ベーカリーのスープはオススメのメニュー。また、クレープ・ド・フランスでもお手頃価格で焼きたての美味しいクレープが食べられる。

(3) ボランティア・パーク  Volunteer Park
緑豊かな公園。温室もある。入場無料で楽しめる。


もどる 回答者の一覧にもどる


シアトルならではの留学プラン




アメリカ留学を知るためのページはこちら


英語圏への留学をご検討中の方へ、資料無料配布と留学セミナーのご案内

「海外留学きっかけマニュアル」無料配布中
英語圏への留学について、国別の比較や留学プランの種類をまとめた「海外留学きっかけマニュアル」を無料配布しています。
パンフレット請求


毎月開催!留学基礎セミナーを開催
「留学を考え始めたばかり」という方を対象にした「留学基礎セミナー」を開催しています。

説明会予約

 

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る