スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「日本人妻の異文化奮闘記」第1回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

日本人妻の異文化奮闘記

> > 日本人妻の異文化奮闘記

第1回:コリアンパワーの秘訣

鍛冶谷 このみ

K-Academy
コミュニケーションサポート部マネージャー

鍛冶谷 このみ

オンライン韓国語スクールK-Academy

高校卒業と同時にニュージーランドの私立カレッジへ留学したが、生活が合わず半年後オーストラリアへ渡り、国立ラトローブ大学へ入学、2008年卒業。その後東京で雑貨メーカーの社員として働く中、レストランで出会った韓国人男性と結婚し半年後渡韓。韓国では言語学習のかたわら、オンライン韓国語スクールK-Academyにて自身の長期にわたる多文化生活の経験から、コミュニケーションサポート部マネージャーとしてアイディア満載な語学レッスンと留学サポートを企画・提供している。
■ K-Academy HP: http://k-kaiwa.com/
■ K-Academy Facebook : http://www.facebook.com/kkaiwa

2012年はKPOPアイドルだけでなく、某男性歌手や携帯電話、デジタルテレビ等、韓国という国自体が堂々と世界に進出した年でした。そんなパワフルな国韓国は、やはり国民もパワーマックス。長い留学生活で鍛え抜かれたとはいえ、心は変わらず和製な日本人が、このパワーの有り余っている国に突然嫁ぎ、どのように日々奮闘しているのかを、義理両親含め周りの親戚一同、ご近所さん、そして夫、その他大勢の韓国人の方との交流を元にご紹介していきます。このコラムが、皆様の韓国へのきっかけ作りに少しでもお役に立ち、そして皆様のほんの息抜きになることができれば幸いです。

この国がどうしてこんなにパワフルなのか。その理由の一つに、韓国の人口で大きな割合を占める、50代後半から60代、70代前半、いわゆるオバサマ世代の方々の力強さにあるのではないかと思っています。そこで第一回目は、韓国のオバサマ達がいかに明るくエネルギッシュであるかを少しだけご紹介します。

まず、彼女たちは“便利であること”を優先に考えます。そこで一番に思いつくのが、こちらのオバサマ達の髪型です。現地の生活に足を踏み入れたことのある方はご存知かもしれませんが、彼女たちの髪型のパーマ率は、3分の2といっても過言ではないでしょう。ですが決しておしゃれ目的でしているわけではなく、お義母様いわく、“食べるときや作業の時に便利だから”なのだそうで、私が「そろそろ髪を切りに行こうかと・・。」という話をすると、必ず、「あら、パーマをかけるの?パーマはいいわよ!もう結婚したんだからパーマをかけないとね!私が昔から行っているパーマ屋は・・」と、何かとパーマを勧めてこられます。そんな彼女たちのお気に入りスポットは、日本の100円雑貨屋「ダイソー」。便利に目がないオバサマ達がハマり、韓国にてこんなにも店舗数が増えたのには納得です。

次に、彼女たちの夜の元気さです。変な意味では無く、とにかく夜間のオバサマ達が活発なのです。日本は他のアジア諸国に比べ外食・屋台文化が大きくないのもあり、夜遅くまで年配の女性達が外で飲み歩いているところをあまり見かけませんが、韓国のオバサマ達は平日でもお友達とソジュ(焼酎)を飲んだり、焼肉を食べたり、酔っ払っておじさん(旦那さん?)に支えられたり、大声で爆笑したり、朝日を見に夜な夜な山登りに出かけたりと、とにかくパワーに満ち溢れています!又、これは夜に限ってのことではないですが、親戚の方の一人、少しふくよかなオバサマは、信号が青に変わると確実に一番早く走り出します。どんなに重そうな荷物を抱えていても、どんなに大勢の人が前に立っていようと、青になった途端走ってしまうのです。こんなにエネルギッシュな方でも、昔はかなり苦労をされていたそうです。いや、逆にそんな彼女だからこそ、大変な時代を乗り越えられたのかもしれないですね。

次回は“韓国の情”についてのお話をします。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る