サポートセンター

海外留学をもっと楽しく!〜 毎日留学ナビ、1月の特集

トピックス

1月の特集 50歳からの海外留学

毎日エデュケーション海外留学サポートセンターでは、留学の無料カウンセリングを行っていますが、最近は50歳以上の方のご相談が増えてきました。 例えば・・・

 ● 定年退職されて、憧れだった国へ長期留学された方。
 ● 子育てが一段落したので、趣味の分野で興味のある国へ1ヶ月間留学された方。
 ● ライフワークである語学学習の一環として、短期語学研修ツアーに参加される方。


留学の目的は様々ですが、共通するのは若い世代の3倍くらい留学生活を楽しんでおられるその姿勢です。
「久しぶりに試験の後の爽快感を味わった」「授業の後にバスで近くの村まで行ってきました」など、授業の苦しみ(?)もオフタイムも満喫されています。
そんな50歳からの留学をご検討中の方へ贈る特集です。

シニア留学

50歳からの海外留学特集の内容

【1】 留学体験談 〜 悠々自適派も、しっかり勉強派も
【2】 50歳からの海外留学 〜 押さえておきたい4つのポイント
【3】 おすすめ留学プログラム 〜 50歳からの留学におすすめ7つのプログラム



悠々自適派も、しっかり勉強派も 〜 まずはシニアで留学された方の体験談

バンクーバーに語学留学されたotakitaさん

バンクーバー

都市:カナダ カナダ/バンクーバー
期間:2014年9月〜 4週間
学校:CCEL 一般英語コース

60歳で語学留学をされたotakitaさんのブログは、シニア留学の醍醐味に溢れています。


****************************************

「Good Bye Vancouver」 2014年10月25日付のブログより抜粋
学生時代にできなかったことを(青春時代への復讐のつもりで)、と選んだ短期語学研修の旅行。ひさしぶりに若い人たちに混じって授業を受け、若干不便な寮生活をしながらも、終わって見れば楽しかったな、という感想しかない。もう60歳だから、一緒に勉強した連中とはもう会うこともあるまい。歳をとるとそういうことがつらい。彼らのこれからの長い人生における成功を祈るばかりだ。
肝心の英語は、予想通りさっぱりだ。だが、悲観はしていない。自分に足りないものや必要とされる会話が大体わかったので、あとは日本でもなんとかやれるだろう。80歳すぎても一人で海外旅行をしたいものだ。
・・・
理屈はともかく、小さかろうが大きかろうが、自分が自分自身を若いと思っていられるうちに、生まれてきたことを後悔しないよう、やれるだけのことをやるだけだ。
今日より若い日はない。 Good bye Vancouver.

ブログ「singleおやじ通信」はこちら

韓国へ長期留学されたF.Kさん

F.Kさん

都市:韓国 韓国/大邱
期間:2017年5月〜 6か月
学校:大邱大学校 語学堂・正規課程

70歳で長期の韓国語留学へ行かれたF.Kさんから、留学の体験談をいただきました。


****************************************

韓国語勉強のため1年くらい韓国に住みたいと考えていました。しかし、語学の勉強をするにはやはり学校に行って勉強をした方がいいと思い、それでインターネットで調べて毎日エデュケーションを探し、担当の方に説明を聞き、その結果自分で大邱大学を選びました。
(中略)
私のクラスは皆さん20歳前後で大変若く、私だけが70歳の年寄りで、クラスメートからは「ハラボジ(おじいさん)」と呼ばれていました。私の70歳の誕生日には、皆さんが誕生日パーティーをしてくれました。外国の地で、外国の方々ばかりからお祝いをしていただいたのは記念になりました。落ちこぼれの私にこんなお祝いをしていただいたのはとても嬉しかったです。

「シニア韓国留学体験記」はこちら

定年退職後、仕事で縁のあった中国へ長期留学されたS.Hさん

S.Hさん

都市:中国 中国/上海
期間:2008年9月〜 6か月
学校:上海師範大学 中国語コース

定年後に長期留学されたS.Hさん。留学中に恩師「中村先生」へ宛てたレポートを掲載させていただきました。


****************************************

中村先生への便り(1) 「上海は面白いの巻」 より抜粋
夏期はクラス分けの時、本を読まされ中級2(これ一番高いレベルだったんです。)に入ったんですが、 聞く力と話す力が全然ダメですから、もう大変です。
担当の美人先生が素敵な方だったんですが、中国語が機関銃の弾の様にタタタタ是不是タタタタ対不対タタタタ明白不明白ですから、もう私はヨタヨタ状態でした。
でもこの美人先生の授業で「天下無賊」という映画?テレビドラマ?を鑑賞する授業があったんですが、おわり近くにヨヨヨヨとお泣きになるんです。イヤーびっくりしました。確かに映画の中で恋人が亡くなって、残った女性がかわいそうと言えばそうですが、なんと言っても作りものですからねえ。「あんなに誇り高い人が、かわいいところがあるんだなあ。」と感心しました。
中国語の方ではなく、そんな方に注意が行くようではイカンイカンと反省しております。

中国留学体験談 「中村先生への便り」はこちら

リタイア後にケアンズ(オーストラリア)に語学留学されたヒロコさん

ケアンズ(イメージ)

都市:オーストラリア オーストラリア/ケアンズ
期間:2008年9月〜 10週間
学校:James Cook University 一般英語コース

リタイア後にケアンズへ語学留学をされたヒロコさんのブログには、授業の様子などが、詳しく紹介されています。


****************************************

「フルタイム学生になる」 2008年9月29日付のブログより抜粋
1週目はやはり無理だった。住環境、通学、学校の様子、人間関係そして学習の様子すべてに慣れていなかった。緊張してばかりいた。午前の学習だけでも疲れてしょうがなかった。
2週目はずいぶん楽に授業に臨むことができた。予習復習も少しできるようになった。クラスでも何をするかわからないということはほとんどなくなった。慣れたということである。学校外の生活のことで緊張することはなくなった。
・・・
ゆっくり周りをみて、観察を楽しむことができるようになった。日本で見たことがない鳥がすぐ近くに沢山いる。すぐそばにも降りてきて路上に来る。
バス停で帰りのバスが来るのを待っているのが一番気持ちがよい。日陰は涼しいのだ。周囲に緑がいっぱいあってオゾンがあふれているし、ドライだから湿気が感じられない。20分や30分遅れてきても腹が立たない。日本にいるときより、気が長くなった。ストレスが吹っ飛びそうだ。

ブログ「シニア留学風土記」はこちら


50歳からの海外留学 <押さえておきたい4つのポイント>

1. クラスの年齢構成

シニアプログラム

世界各国の学生と机を並べて学び、交流するのは留学の醍醐味。そうなるとやはり気になるのが、クラスの年齢構成です。多くの語学学校ではクラス編成を行う際に国籍バランスに配慮していますが、年齢については考慮されていないのが実情です。
海外生活にあまり慣れていない方や、留学期間が短い方の場合は、シニア層向けに構成されたプログラムや、個人レッスンを受講するのも一つです。



「やっぱり世代ギャップが不安」という方にお勧めのプログラム
@ シニアの割合が高いプログラム

シニアの多いプログラム欧米の語学学校の場合、気候や環境などの条件からシニア層の受け入れに積極的な学校もあります。そうした学校では、シニア向けに特別に構成した「シニア向けプログラム」を設けているところが少なくありません。また「社会人集中講座」のように、"現地サポートが充実している"、"短期集中型"などの理由から、シニアの割合が自然と高くなっているプログラムもあるので、どうぞお問い合わせください。

【プログラム例】
シニア向けプログラム(イギリス・マルタ)
社会人集中講座 (中国・台湾・韓国)

【メリット】
・同世代なので話題が合う。
・大人向けアクティビティが多い。
・少人数クラスが多く、授業が丁寧。
・サポートが充実している。
【デメリット】
・クラスのレベル分けが少ない。
・アクティビティが多いコースの場合、日程がややタイトなことも。
・プログラム開始日が限定されている。
A 個人レッスン

シニアの多いプログラム語学学校の個人レッスンのほか、語学教師の家でのホームステイ&個人レッスンなど、形態はさまざま。午前は少人数クラスの授業、午後は個人レッスンなど、組み合わせて受講するのもよいでしょう。

【プログラム例】
教師宅ホームステイ
・社会人集中講座 (個人レッスン・コース)

【メリット】
・自身のペースで学習できる。
・好きな教材を使える。
【デメリット】
・クラスメートからの刺激がない。
・レッスン料が比較的高い。

【ワンポイント】 中国の大学は年齢制限があると聞きましたが・・

中国の大学では、入学条件に年齢制限を設けている大学が多くありますが、大学によっては健康証明等の提出で受け入れ可能なところもありますので、ぜひご相談ください。



2. 滞在先選び

滞在先イメージ

慣れない環境で緊張も続くため、心身ともにゆっくりと休める空間は不可欠。
例えば中国留学の場合、留学生は学生寮に入るのが基本です。
「二人部屋が圧倒的に多いので、ややグレードの高い部屋や一人部屋を事前に確保する必要があります」 中国担当カウンセラー



3.日本人スタッフがいる学校かどうか

日本人スタッフ

どうしても心配なのが健康面。ご自身の語学力は問題なくとも、日本にいるご家族のことも考え、日本人スタッフが常勤している学校を選ばれる方も多いです。パッケージ型の短期研修の場合は基本的に日本人スタッフが同行、または日本語が話せる現地アドバイザーがサポートさせていただいています。



4.生活にメリハリがつけられる環境

バンクーバー

精神的にも経済的にもゆとりのあるシニア世代は、授業以外の時間もアクティブに過ごされる方が多いです。放課後にバスで近郊の街まで出かけたり、博物館巡りをしたり、試験の後には一人ゆっくりビールを飲んだり…。
そんなメリハリがつけられるような学校の立地・環境もポイントになります。




50歳以上におすすめの留学プログラム

では、具体的にどんな留学プランがあるのか、見てみましょう。
「留学期間」と「目的(語学力アップか文化体験か)」を軸に、おすすめのプログラムを並べました。
(各プログラムの詳細は下の一覧表でご覧ください。)

シニア向けプログラム表 社会人集中講座 個人レッスン 長期語学留学 シニアプログラム 教師宅ホームステイ 趣味留学



【50歳からの留学におすすめのプログラム一覧】
  行き先 期間 費用の目安 詳細ページへ
シニア限定プログラム イギリス
マルタ
オーストラリア
2週間〜 約271,000円
(2週間・マルタの場合)
リンク シニアプログラム
社会人集中講座 中国
台湾
韓国
5日間〜 例)
台北コース5日間の場合219,000円(航空券含む)〜

リンク 中国コース
リンク 台湾コース
リンク 韓国コース

教師宅ホームステイ&個人レッスン 北米・南米・ヨーロッパ・オセアニア・アフリカの約30カ国 1週間〜 約161,800円〜
(1週間・イギリスの場合)
リンク 教師宅ホームステイ
趣味留学
(英語+趣味)
イギリス 1週間〜 文化講座(料理、フラワーアレンジメントなど)によって異なります。お問い合わせください。 リンク 趣味留学
長期語学留学 英語圏・中国・台湾・韓国 各国のページでご確認ください。
【英語圏・6ケ月】
約140万円〜
【中国・6ケ月】
約120万円〜180万円

リンク 欧米圏へ
リンク 中国へ
リンク 台湾へ
リンク 韓国へ


お問い合わせはこちら

株式会社 毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

東京本社カウンセリングルーム:0120-655153

月〜金、第1・3土 10:00-18:00
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル9階 地図・アクセス

大阪支社カウンセリングルーム:0120-952295

月〜金、第1・3土 10:00-18:00
大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階  地図・アクセス


■インターネットでのお問合わせ
  こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。 ↓↓





  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る