サポートセンター

Y・Sさん(サンフランシスコ)-1|アメリカ留学体験談

アメリカ留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アメリカ留学

留学体験談
Y・Sさん(サンフランシスコ)-1

> > > Y.Sさん-1


サンフラ便り(1) 住めば都!ホストファミリーと私

名前 Y・Sさん  
プログラム 語学留学
都市 アメリカ/サンフランシスコ
学校  
期間  

みなさま、ご無沙汰しておりますがお元気ですか? 私は元気です!!!
年末年始を忙しく過ごした後、新しい住居探しにテンヤワンヤであっと言う間に春になってしまいました。

同年代のアメリカ人の生活が知りたい!と思いフラットシェアを念頭にアパート探しをした私ですが、なかなか良い物件に出会えず、、、というか断られ続け(私の何がいけないのでしょうか・・・人間性の問題なのか言葉の問題だったのか不明ですが・・・)、結局友人の紹介でフィリピン人一家宅の一室を間借りすることとなりました。

ダウンタウンの学生寮(ホテル)だと食事なしで1300ドルくらいなのに比較し、この家は食事つきで700ドルですから経済的だし家族もとても親切です。一見、以前と同じようにホームステイのような形態なのですが、現在の私の部屋は車庫の一角に孤立して造られており、基本的にプライベートな空間です。他の家族は2階に住んでいます。窓もなく、蟻がそこら中を行進している孤独感いっぱいの素敵なお部屋です☆ (住めば都さ!!)

さてさて、今日は私の新しいホストファミリーについてご紹介したいと思います。
ママはタガログ語でナイナイ、パパはタイダイと呼んでいます。1979年にアメリカへ移住しました。フィリピンの女性はとにかく働きものです!!ナイナイは今年60歳、現役の看護婦さんでありながら食事や掃除等、家事の一切を取り仕切ります。

「ナイナイは17歳から働きづめなんだよ!今年の6月に定年だから盛大なパーティをするんだ!」と妻の働きっぷりを誇らしげに語るタイダイ。
しかし私はふと疑問に思いました。そう言えばタイダイはいつも家に居る。。。何の仕事をしてるんだろう・・・もう定年したのかな??じゃぁ定年前は何してたのかな???

「ナイナイはいつも休む間もなく働いてスゴイよね、で、タイダイはアメリカに移住してからどんなお仕事してたの??」私はなにげなく聞いてみました。
「アハハハ!!僕はアメリカに来てから一度も仕事はしてないよ!!」

え〜〜!!
26年間、一度も働いていなかったとは驚きです。さらに、あたかもそれが、どれほど立派な奥さんを自分がゲットしたかを証明するかのように自信満々の口調だったので私は驚きを隠すのにイッパイイッパイでした ^^:

また、別の驚きとしては家族の団結が非常に強い点があげられます。日本でもお正月には親類が集まって食事をしたりしますが、この家族は毎週末です。フィリピンではそれが当たり前だそうです。誰かが訪ねてくるか誰かの家に行ってみんなで食事をします。そして日本と違うのは、人の家でもみんな完全にリラックスします(笑)

私は昨日、タイダイの妹の家で行われたこのお食事会に初めて参加しました。大声でしゃべり、笑い、歌い、そして踊る。。。私も当然一曲披露し、大家族の楽しさを満喫した一日でした♪


>> サンフラ便り(1) 住めば都!ホストファミリーと私
>> サンフラ便り(2) 家族旅行・サンフラ編
>> サンフラ便り(3) 家族旅行・ベガス編



アメリカ アメリカ留学体験談へもどる >>



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る