サポートセンター

「標準語を勉強するなら北京?」中国留学Q&A

中国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

中国留学

よくあるご質問
「標準語(普通話)を勉強するなら北京?」

> > > 標準語を勉強するなら北京?


中国留学Q&A

中国留学全般について

標準語(普通話)を勉強するには、やはり北京ですか?

一概にそうとも言えません。

よく標準語(普通話)のことを「北京語」と言っている方がいますが、正確に言うとイコールではありません。標準語(普通話)は、みんながある共通に使える言葉として中華人民共和国が確定したもので、北京語の発音と、官話方言(中国の北半分に広く分布する方言の総称)の文法と、北方の語彙を標準として造ったものだといわれています。

標準語(普通話)の発音が北京語のそれを基準にしているという点では、北京で学ぶ方がいいとは言えます。しかし、標準語(普通話)が造られた本来の目的を思えば、発音のみに神経質にならなくてもいいかもしれません。実際、中国人でもそれほど発音に頓着せず、標準語(普通話)を使いこなしています。たとえば上海の方言自体には-nと-ngの区別がなく、上海の人は日本人と同様に標準語(普通話)の-nと-ngもなかなか区別できないといいます。でも、それで上海の人が困っているかというと、決してそんなことはありません。

いま都市部では、教育の普及や通信・メディアの発達、人の流動により、ほとんどの人が方言も標準語(普通話)も上手に使い分けています。ですから、都市部であれば中国のどこに行っても、標準語(普通話)を学べると言えます。標準語(普通話)を学ぶとともに、その地域の人々が生活の中で生きいきと使っている言葉もまた楽しむ、という感覚でいくとよいかもしれません。


関連する中国留学のページ 関連する中国留学のページはこちら!

関連項目 中国学校一覧



中国留学のお問い合わせ

株式会社 毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

東京本社カウンセリングルーム:0120-655153

月〜金 10:00-18:00/第1・3土 10:00-13:00
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル9階 地図・アクセス

大阪支社カウンセリングルーム:0120-952295

月〜金 10:00-18:00/第1・3土 10:00-13:00
大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階  地図・アクセス


インターネットでのお問い合わせは、下記フォームからお問い合わせください。






  • カウンセリング
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る