スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「所変われば品変わる」第8回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

所変われば品変わる

> > 所変われば品変わる

第8回:カラオケ

川内氏

Endeavour Japan エンデバー・ジャパン
主宰

川内 和子(かわうち かずこ)


東京都出身。早稲田大学卒業。大学3年次に米国国際線航空会社のフライト・アテンダントに最年少で採用され、米国でのトレーニング後、米国に居住し世界路線で世界をめぐる。大学卒業後は、米国最大手銀行、米国大手投資銀行等を経て2008年春に、世界の知識を広め・知識を共有することをめざすEndeavour Japan エンデバー・ジャパンを創設。

皆さんゴールデン・ウィークはいかが過ごされましたか?ETCにより1000円均一料金となり、高速道路が大変混雑し、退屈しのぎに、車中でカラオケを楽しまれた方もいらっしゃったと思います。

さて、前回のアメリカ人弁護士を講師にお招きして行われた英語セミナー後の交流会では、参加者の皆さんから講師にアメリカ社会の現状を尋ねる質問が多くでました。オバマ大統領に関する話が一段落すると、各人の趣味の話に移りました。すると、参加者のひとりで、昨年末までカリフォルニアのある大学に留学していて、現在東京の大手商社に勤めている、カラオケ大好きな隆さんが、当地のカラオケ事情について話してくれました。今回は、カラオケも文化的な背景により「所変われば品変わる」というお話です。

まず隆さんが言うには、「驚くでしょうが、アメリカでは、あまりカラオケは盛んでないですよ」とのこと。日本で発明され、世界に「カラオケ(空のオーケストラの省略だそうです)」という日本語が国際語として普及しているのに、何故アメリカでそれほど人気がないのか、日本人参加者たちは不思議がりました。

隆さんの説明によると、アメリカで買うCDには歌詞カードが付いていないのが普通だそうです。すると日本人参加者の中から「えぇ〜、うそ〜!」との声があがりました。隆さんは続けて「アメリカでは、日本と違って音楽とは自分で歌うのではなく、プロの歌を聞くものだという考えかたがあるみたいですよ。車を運転しながら、ラジオから流れる曲にあわせて歌う人はもちろんいますし、僕の友人たちもそうですが、カラオケに行ってまで歌おうとは思わないみたいですね。だからあまり盛んでないんですよ」

彼の話をまとめると、アメリカでは素人が歌うには難しい曲がCDとして販売されているので、歌詞カードは不要と考えられているようです。日本では、カラオケで歌い易いような曲に人気があり、CDで発売されているのとは全く逆ですね。文化が違えば音楽に対する考え方も変わってくるのだと参加者一同納得しました。

それを聞いた参加者の一人である香港出身のジェフさんが「中国ではカラオケがとても人気があり、出張で北京へ行った時、カラオケ店に行きましたが、それがなんと、お客を超VIP扱いで、店員さんがとても親切に部屋まで案内してくれ、東京のカラオケ店と比較にならないくらい中が豪華でしたよ。よくホテルで見かける歓迎用のフルーツ・バスケットまであって、とても良い気分になりました。タイなど東南アジアのほとんどの国々でも、カラオケはすごい人気です」とのこと。「ところで私の十八番は、SMAPのBest Friendです」これを聞いた何人かが早速ジェフさんとカラオケに行く話をし始めていました。カラオケで国際交流もいいですね。

ところで、最近英国で行われた調査で、「生活に必要と思わない」というものに、カラオケが上位になったそうです。こんな調査結果が出るお国柄ですが、先日イギリスの歌手オーディション番組Britain’s Got Talentで、47歳の歌姫Susan Boyleさんが「I Dreamed a Dream」を歌っている場面をYouTubeでご覧になった方はいらっしゃいますか?カラオケ嫌いなイギリスのオーディション番組なので、オーケストラをバックに歌うのかと思っていましたが、なんとこれがカラオケに合わせて歌っていました!

「所変われば品変わる」、自分たちが常識と思っていることが何時でも何処でも通用するものではないことを改めて感じた交流会でした。ぜひ、皆さまも、エンデバー・ジャパンの英語セミナーに出席され、セミナー後の交流会で各国出身の参加者との文化交流もお楽しみいただきたいと思います。ご参加をお待ちしております。


エンデバージャパンのセミナー日程

世界の文化シリーズ第2回  フィンランド
「フィンランド・メソッドを採用し高い教育水準を誇り、女性の社会進出が世界レベルの高さにある国フィンランド」について、フィンランドの小学校教師のパッカラさんが平易な英語で楽しくお話くださいます。

講師: リッカ・ヘレナ・パッカラさん
日時: 2009年5月20日(水) 午後7時 - 9時15分 (6時30分開場)
場所: 港勤労福祉会館(東京・田町)



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る