毎日エデュケーションの企業法人海外研修
0120-655153 <月~金>10:00-17:00

アメリカ 研修

United States of America

日本人にとって「標準」と感じる英語

アメリカ
研修プログラム

日本人にとって「標準」と感じる英語

国旗

州や地域により都市の雰囲気や気候・時差まで大きく異なり、
地域によっては英語の訛りを感じることもあるかもしれませんが、
日本人にとってもっとも「標準」と感じる英語でしょう。

アメリカの語学研修プログラム例

業種 大手鉄鋼メーカー様
留学先 ボストン Boston
研修期間 12週間
研修機関名 New England School of English (民間語学研修機関)
リクエスト
  • 業務に必要な語学力の習得
  • 赴任前研修
滞在先 ホームステイ(1人部屋/食事は朝・夕)
コース内容
  • Intensive Group Courses + ONE to ONE 5 lessons/week
  • グループレッスン(9:00~15:15) 
  • 週5コマ 1対1レッスン(15:30~16:30)
研修費の総概算 約1,900,000円
※アメリカドル$1=111.17円にて計算(2021年3月時点)
備考 NESE校は一例です。他の語学研修機関での研修も手配可能です。

アメリカの基本情報

首都 ワシントンD.C.
言語 英語
通貨 アメリカドル$1=約110円(2021年3月現在)
物価 全体的に日本と同等程度だが、大都心に行くと家賃などを含め全体的な生活コストが跳ね上がる。ただ、各州によって税率が異なるので、場合によっては日本よりも安く感じることもあるだろう。目安としてはコーヒー1杯約3ドル、ランチメニュー約13~15ドルにチップが約10~20%加算されるので、外食は比較的コスト高となるので注意が必要となる。
気候 米国の気候は広大な国土のため多種多様な特徴を持っている。太平洋に面する西海岸側は比較的温暖で過ごしやすく、冬も零下になることは少ない。大西洋に面する東海岸側は夏場でも過ごしやすいが、北部のボストンなどは冬になると寒さが厳しく、まとまった積雪もあるので注意が必要となる。
日本との時差 4つの時間帯設定が有り、東部標準時:-14時間、中部標準時:-15時間、山岳部標準時:-16時間、太平洋標準時:-17時間となっている。
治安 アメリカの治安その他の安全情報については、外務省「海外安全ホームページ」にてご確認ください。
<外務省 海外安全ホームページ>
 www.anzen.mofa.go.jp
インターネット インターネットの普及率は高く、大学やカフェ等でも気軽に利用できるスポットは多い。ただし現地のパソコン等は日本語入力不可の場合も多いので、自身で電子機器を用意することも必要。
主要産業 工業(全般)、農林業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材他)、金融・保険・不動産業、サービス業
GDP 18兆4,226億ドル(実質:2020年)
GDP成長率 -3.5%(2020年)※COVID-19の影響による部分が大きい

海外研修(企業派遣留学)の
お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

0120-655153

<月~金> 10:00-17:00
※緊急事態宣言に伴い、営業時間を17時までに短縮させて頂いております。
株式会社 毎日エデュケーション
東京オフィス
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階
株式会社 毎日エデュケーション
大阪オフィス
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階