スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「行けばわかるさ」第13回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

行けばわかるさ

> > 行けばわかるさ

第13回 こだわりを持って働く人のオーラはすごい!

丹勇貴

扶桑法務事務所

丹 勇貴(たん ゆたか)


大学卒業後、特殊法人職員、翻訳・通訳業などをしながら、週4日はサッカークラブの夜間練習に参加するという“夢追い人生活”を経験。夢追い終了後、商社勤務、レストラン経営等を経て現職。著書「就職は自分の“売り”で勝負しろ」


現在、今秋発行予定の大学生向けキャリア形成支援マガジン「Skipper」の制作のために、様々な業界の第一線で働く人たちを取材させていただいているのですが、その中で特に思ったことは「こだわりを持って働く人のオーラはすごい!」ということです。

たとえば、「何が何でもテレビ局に入りたかった」「とにかくマーケティングの仕事がしたかった」など、強いこだわりと意欲を持って志望企業に入社した人は、仕事が多少きつくても、まったく動じることなく、しっかりと自分のキャリアを歩んでいる印象を受けました。

先日インタビューしたテレビ局のADさんは、子供の頃からテレビが大好きで、テレビ局一本に就職先を絞って就活したという“つわもの”です。ADという仕事は、担当番組の制作のほぼ全工程に携わるため、ものすごく多忙で、1週間は家に帰れないことなど、珍しくないようです。

現在は希望どおり、バラエティ番組の制作に携わっているこのADさんは、番組の中でタレントにやってもらう“荒業”などは一通り、事前に自分で体を張って試してみるとのことで、そのエピソードの数々は涙と笑いなしでは語れない、すごい世界でした…。

今回の取材では、ADの仕事は噂に違わず、非常にハードな仕事であることを改めて確認するとともに、強いこだわりを持っている人ならば、身の毛もよだつような苦労さえも楽しんで、笑いに変えてしまうパワーを持っているんだな、とつくづく感嘆した次第です。

「強いこだわりがあれば、苦しいことも乗り越えられる。」これはどのような業界・職種でも言えることです。これから就活期を迎える皆さんは、就活を始める前に自分の小さい頃からのこだわりや好きだったものを一度棚卸ししてみませんか?

来る8月23日(土)に、テレビ局の裏話も聞ける「テレビ業界を目指す大学生のためのセミナー」を開催します。参加費無料ですので、是非、ご参加ください。



グローバルリーダーファーム 自分らしく生きるための就活応援セミナー


第3回セミナー
 「テレビ業界を目指す大学生のためのセミナー」

   2008年8月23日(土)  18:00〜20:00

GLFご案内


講師略歴

川野毅氏テレビ朝日 「ロンドンハーツ」ディレクター

藤城 毅 (ふじしろ ごう)

1999年 全国朝日放送(現テレビ朝日)入社。入社から一貫して、制作1部でバラエティ制作を担当。 現在は「ロンドンハーツ」でディレクターを務める。


場 所

東京都新宿区馬場下町5−1  早稲田駅前ビル5F セミナールーム
<アクセス> 地下鉄東西線「早稲田駅」 2番出口徒歩1分 
         (1Fに成文堂書店が入っているビルです)

早稲田駅前ビルの地図

参加予約

(株)早稲田総研インターナショナルの「早稲田総研キャリア教育研究所」 のサイトからお申込みいただけます。
  ⇒早稲田総研キャリア教育研究所ホームページ  http://www.c-ri.jp/glf/top.ht



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る