スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「ニッポン人のさとり方」第4回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

ニッポン人のさとり方

> > 松岡 祐紀さん

第4回  ステップ4: さとった人たちとは

松岡 祐紀さん

株式会社ワンズワード
代表取締役、写真家

松岡 祐紀

19歳でスコットランドのエディンバラに留学。NYにてスタジオアシスタントを経験した後、ロンドンに在住。帰国後はフリーランス・フォトグラファーとして活躍。2009年にノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏の「ソーシャルビジネス」という理念に感銘を受け、株式会社ワンズワードを起業。レッスンの質の高さを売りにしたオンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を立ち上げる。

2011年よりブエノスアイレスへ移住、さらに第三の故郷としてメキシコシティに居住。2014年3月に中南米・南米の英語学習者のためにスペイン語版ポルトガル語版英語版のオンライン英会話スクールを開設。現在は、ブエノスアイレス、メキシコシティ、日本を行き来して、ソーシャルビジネスの理念の普及と事業拡大を目指している。 >>詳しいプロフィールを読む

【新規お申込みキャンペーンを実施中!】 いまご入会の方に、無料レッスン2回分をプレゼントいたします。 詳細とお申込はこちらから!!

“私が心底愛している美徳が、たった一つある。その名は「わがまま」”
ヘルマン・ヘッセ


最近、社会起業家や社会貢献などが若い世代から注目されているらしい。テレビなどではしきりに特集が組まれ、そのなかでインタビューに答えた二十歳そこそこの男子は目をきらきらと輝かせながら、「日本の食料自給率の低さをどうにかして改善したいです!」などと言っている。

アホかと思う。
日本の食料自給率をどうにかする前に、おまえの人生どうにかしろと言いたい。

人のためになりたいという想いは一見すると殊勝な心がけのように映るが、たいていの場合「自分の人生をどうしたらいいか分からない、自分自身の能力をどのように自分の人生に役立てていいか分からない」ということへの裏返しである。

よく勘違いされているが、いかなる場合においても役立つ人間、絶対的な価値を持つ人間なんてこの世に存在しない。人の価値というものは、その個体の資質によって決まるのではなく、ただその人の所属する社会との関係性において決定される。

マイクロソフトの創立者であるビル・ゲイツは財団を設立し、世のため人のためにお金を使っているが、彼が乗ったプライベートジェットがアマゾンの未開地に不時着して、彼ひとり未開の部族と一緒に暮らすことになったと想像して欲しい。

それまでの名声や彼の財力、そしてその偉大な精神は言葉が通じない未開の部族においてはなんら意味がない。彼のそれまでの絶対的だと思われていた社会への有用性とその価値は意味を成さなくなり、火起こしのひとつもできない役立たずのおじいちゃんに成り下がる。

人間なんてそもそも自分以外のその他大多数とっては無価値であり、無意味な存在なのだ。あなたを少なからず意味のある存在にしているのは、両親や友人、それに職場の人たちといったあなたが直接関係している人間との関係性においてでしかない。

では、少なくても自分たちが所属する社会にいる限り、その全体のためになる人間とはどのような人たちなのだろうか?

三通りのタイプの人間が考えられる。まず真っ先に思い浮かぶのは、ある程度自分自身が満たされ、その能力を社会全体に役立てられるくらい成熟した人間になった人だ。これを勝間和代タイプと名付けよう。

二つ目は、生まれ持った資質、あるいは才能ですでに自分自身が満たされ、その溢れんばかりの愛情と情熱を最初から他者へと向けるタイプだ。これはかなり高尚なタイプであり稀なので、マザー・テレサタイプと名付けることにする。

最後は、自己の利益を追求する過程で、世の中の仕組みの不公平さや不平等さを目の当たりにし、自己の正義と折り合いをつけるためにそれを改善しようとするタイプ。これが昨今話題になっているソーシャルビジネスの根本的な考え方なので、その創始者の名前を冠してムハマド・ユヌスタイプと名付ける。

お分かりのようにマザー・テレサタイプを別にすれば、どのタイプの人間もまずは自己の利益を追求している。これは言い換えれば、自己の利益を追求できるほど自分の能力に対して自覚的であり、それを自分自身に役立てる術を熟知しているということに他ならない。

自分自身の能力を自分に役立てる術さえ知らない人間が、人様の役に立てるわけがないのだ。

アホ面下げて「社会のために何かしたい、人の役に立ちたい」などと眠たいことを言っている暇があれば、自分の能力に自覚的になり、その能力を最大限生かせる道を進むべきである。それが結果的に社会に役立つことであれば、それは素晴らしいことだと思うが、それはあくまで結果であって目的であってはならない。


photo

   (Photo: Yuki Matsuoka)





Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

▼バックナンバーを読む

  1. ステップ1: さとり方の心構え
  2. ステップ2: さとるということ
  3. ステップ3: さとりへの自覚
  4. ステップ4: さとった人たちとは
  5. 楽をすることと、楽しむことの違い
  6. 生きるということ
  7. ネイティブスピーカー並に英語が話せるようになるか?
  8. 語学学習に役立つ自己否定について
  9. 行動する勇気を奪われるということ:グーグルの功罪
  10. グローバル時代を生き抜くために必要なこと
  11. 楽をすることの定義:持てる力を最大限に活用するために
  12. イエローカードを持つということ:怒らない技術
  13. 我々は音を立てずに復興する
  14. 旅立ちの日に
  15. 秘密の英語学習方法!これであなたもペラペラに!
  16. 正解のない人生を生きるということ:これからの日本と世界
  17. ある英語学習の思い出:優秀な先生が人気のある先生になるために
  18. コンフォートゾーンから抜けだして、この人生で何かを掴むこと。
  19. 文句があるやつは出ていけばいい:これからのノマドのあり方。
  20. 日本人が忘れがちなもてなす心:豆腐屋さんのコロッケ
  21. 英語によるコミュケーション術:咄嗟に英語が出てこない人たちのために
  22. 語学習得のための残酷な事実について
  23. 仮想敵を想定して戦う日夜:ついでにFACEBOOKキャンペーンについて
  24. 経営者の仕事について:嫌いなマニラに行くこと
  25. 後悔がない人生のために:スペイン語を話すということ。
  26. ブエノスアイレスに帰ります:日本滞在の最終日
  27. 正しい目標設定のために:TOEIC®TESTをdisってみる
  28. 絶対的に正しい英語なんて存在しない:世界に飛び出して、経験してみる
  29. 世界一周のすすめ:ブエノスアイレスなう
  30. 夢を語ることと、日々に感謝することと、起業と経営について
  31. TOEIC®TESTのための勉強をしないで、TOEIC®TESTで高得点を取る方法
  32. 僕の人生最大のモテ期について:コミュケーションを取るということ
  33. アルゼンチンの落日:政治と経済と外国人であるということ
  34. ブエノスアイレス事件簿:ゴルゴ13を目指して
  35. 良い子は真似しないように:サッカー日本代表の内田選手による外国人コミュニケーション術
  36. ある週末の出来事について:ブエノスアイレスにて
  37. アルゼンチンで出家する:楽しい人生の送り方
  38. グローバル戦略の本当のことと、今ドキの高校生のこと
  39. それでも世界は回る:グラナダにて
  40. そこには絶対に負けられない戦いがあった:フィリピン人の日本の短期滞在ビザ取得
  41. 世界就職という選択肢について
  42. 日本のオンライン英会話業界について:明るい未来はあるのか?
  43. とある女友達のための未完成の戯曲:メキシコシティにて
  44. 英語を話せることよりも重要なこと:コミュニケーションとはなにか
  45. 有限なパーマネント・トラベラー:メキシコシティにて
  46. 21世紀の英会話、世紀を経ても変わることがない語学上達の秘訣
  47. 終わりなき旅:とある日曜日のメキシコシティにて
  48. ワンズワードオンラインの世界展開について
  49. 空港にて:明日の自分のためにできること
  50. これからのことと、ワンズワードの未来について
  51. その先にあるのはなんだろう?
  52. そのとき自分が思ったことについて
  53. マリアの結婚式:ウェールズにて
  54. イタリア的な幸福のあり方について:ファヴィニャーナ島より
  55. そうしていつの日かまた
  56. 向上心と反比例する幸福度とラテンの人々について
  57. 経営は娯楽:人生を賭けたエンターテイメントについて
  58. ある贅沢な悩みと旅と起業について
  59. 自虐的な日本人についてふと思ったこと
  60. フィリピン人先生とネイティブスピーカーの先生はどっちが優秀なのか?
  61. グローバリゼーションと「雨が降れば、予定はキャンセル」の相関関係について
  62. ある日本人女性の死について
  63. あらゆる人の幸せを祈って:マニラより
  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る