スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「ニッポン人のさとり方」第49回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

ニッポン人のさとり方

> > 松岡 祐紀さん

第49回 空港にて:明日の自分のためにできること

松岡 祐紀さん

株式会社ワンズワード
代表取締役、写真家

松岡 祐紀

19歳でスコットランドのエディンバラに留学。NYにてスタジオアシスタントを経験した後、ロンドンに在住。帰国後はフリーランス・フォトグラファーとして活躍。2009年にノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏の「ソーシャルビジネス」という理念に感銘を受け、株式会社ワンズワードを起業。レッスンの質の高さを売りにしたオンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を立ち上げる。

2011年よりブエノスアイレスへ移住、さらに第三の故郷としてメキシコシティに居住。2014年3月に中南米・南米の英語学習者のためにスペイン語版ポルトガル語版英語版のオンライン英会話スクールを開設。現在は、ブエノスアイレス、メキシコシティ、日本を行き来して、ソーシャルビジネスの理念の普及と事業拡大を目指している。 >>詳しいプロフィールを読む

【新規お申込みキャンペーンを実施中!】 いまご入会の方に、無料レッスン2回分をプレゼントいたします。 詳細とお申込はこちらから!!

また空港にいる。
この二週間で一体どれくらいの時間を空港で時間を過ごしたのだろうか。

成田で、香港で、マニラで、そして関西空港で・・・・そうしてまた成田の空港に舞い戻ってきた。

以前は空港で過ごす時間はとても特別な時間だったが、旅が日常となった今、ただの生活の一部となってしまった。

見知らぬ土地へのときめきも、飛行機に乗ることへの興奮もなくなり、そこにはある種の惰性しかない。旅すること自体がなんら特別なことではなくなったからだ。まだ見ぬ土地へと思いを馳せることはとても難しくなってしまった。

行きたいところがあれば、すぐにでも行けるし、気に入ればその土地に住むことが出来る。そんな夢の様な生活を手に入れると、不思議と自分に制限を課したくなり、頑なに今までブエノスアイレスに2年も滞在しスペイン語とタンゴに時間を費やし、今ではメキシコシティに滞在して、サルサにうつつを抜かしている。

そんな生活にも正直、飽きた。

こんなふらふらしている人間が言うのもなんだが、もっとふらふらしてもいいのではと思っている。

例えば、夏はイタリアで過ごし、冬はブエノスアイレスで、南半球の夏を満喫して、春は日本で桜を堪能して、日本の雨季が来る前にアジアで食を堪能して、それからメキシコのカンクーンでビーチ生活をするのももはや夢ではない。

もちろん、そのためには今まで以上に仕事をして、生活基盤を安定させないといけないが、そのような生活が夢見るものではなく、検討すべき現実的な事柄となったことはとても喜ばしいことだとは思う。たとえ、そのために出発前の旅のときめきや、見知らぬ土地への憧憬を犠牲にしても、手に入れるに値する生活ではないだろうか。

人は年を取るたびに自由が失われていくと思い込んでいるが、実際はその逆だと思う。
人は年を取るたびにどんどん自由になるべきだし、自由になっていないのであれば、人生になんらかのエラーが生じている。

人生の伴侶を得ようが、子供を授かろうが、その人の生活の自由には本来影響はない。
子供はどこでも育てられるし、生活はどこでも営むことが出来る。ただ、そのためによりいっそうの努力が必要とするが、それに値すると思えば、やればいい。

自分はそれほど誇りにできることもないし、何かをやり遂げたと自慢に出来ることも特にないが、ひとつだけ誇らしく思っていることはある。それはすべての出来事も受け入れ、あらゆることは自分の責任と割り切ることが出来ていることだ。

それほどの幸運に恵まれてもいないし、それほどの不運に見舞われてもいない。
ただそれでも、今まで起こったことはすべて受け止めているし、ある種の必然と思い、すべては自己責任のもとに処理をしている。

結局のところ、それが自分を成長させる鍵だと自覚しているからだ。
人生を突き詰めたところ、運がいい人間は成功するし、運が悪い人間は失敗するということに気付く。

つまりはそれだけのことだ。

それをすべて自己責任と割り切れるかどうかで、その人が次のステージへと進めるかどうか決まる。

そうして、自分はあらゆるリスクを負っても次のステージへと進むことしか興味がない人間だ。停滞は悪であり、退屈した生活を送るぐらいならば死んだ方がマシだと思っている。

経営者としての自分の可能性をもっと試したいと思っているし、旅人としても一流でありたいと思う。それに家庭人としても、思いやりのある人間でいたい。

何かを犠牲にして何かを得ようとは思わない。すべてを得るためにはいかに生活を送り、築くべきか、まずはそこから考えていきたい。

そうして、今よりももっと自由になり、開放的な人間でいたいと思う。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

▼バックナンバーを読む

  1. ステップ1: さとり方の心構え
  2. ステップ2: さとるということ
  3. ステップ3: さとりへの自覚
  4. ステップ4: さとった人たちとは
  5. 楽をすることと、楽しむことの違い
  6. 生きるということ
  7. ネイティブスピーカー並に英語が話せるようになるか?
  8. 語学学習に役立つ自己否定について
  9. 行動する勇気を奪われるということ:グーグルの功罪
  10. グローバル時代を生き抜くために必要なこと
  11. 楽をすることの定義:持てる力を最大限に活用するために
  12. イエローカードを持つということ:怒らない技術
  13. 我々は音を立てずに復興する
  14. 旅立ちの日に
  15. 秘密の英語学習方法!これであなたもペラペラに!
  16. 正解のない人生を生きるということ:これからの日本と世界
  17. ある英語学習の思い出:優秀な先生が人気のある先生になるために
  18. コンフォートゾーンから抜けだして、この人生で何かを掴むこと
  19. 文句があるやつは出ていけばいい:これからのノマドのあり方。
  20. 日本人が忘れがちなもてなす心:豆腐屋さんのコロッケ
  21. 英語によるコミュケーション術:咄嗟に英語が出てこない人たちのために
  22. 語学習得のための残酷な事実について
  23. 仮想敵を想定して戦う日夜:ついでにFACEBOOKキャンペーンについて
  24. 経営者の仕事について:嫌いなマニラに行くこと
  25. 後悔がない人生のために:スペイン語を話すということ。
  26. ブエノスアイレスに帰ります:日本滞在の最終日
  27. 正しい目標設定のために:TOEIC®TESTをdisってみる
  28. 絶対的に正しい英語なんて存在しない:世界に飛び出して、経験してみる
  29. 世界一周のすすめ:ブエノスアイレスなう
  30. 夢を語ることと、日々に感謝することと、起業と経営について
  31. TOEIC®TESTのための勉強をしないで、TOEIC®TESTで高得点を取る方法
  32. 僕の人生最大のモテ期について:コミュケーションを取るということ
  33. アルゼンチンの落日:政治と経済と外国人であるということ
  34. ブエノスアイレス事件簿:ゴルゴ13を目指して
  35. 良い子は真似しないように:サッカー日本代表の内田選手による外国人コミュニケーション術
  36. ある週末の出来事について:ブエノスアイレスにて
  37. アルゼンチンで出家する:楽しい人生の送り方
  38. グローバル戦略の本当のことと、今ドキの高校生のこと
  39. それでも世界は回る:グラナダにて
  40. そこには絶対に負けられない戦いがあった:フィリピン人の日本の短期滞在ビザ取得
  41. 世界就職という選択肢について
  42. 日本のオンライン英会話業界について:明るい未来はあるのか?
  43. とある女友達のための未完成の戯曲:メキシコシティにて
  44. 英語を話せることよりも重要なこと:コミュニケーションとはなにか
  45. 有限なパーマネント・トラベラー:メキシコシティにて
  46. 21世紀の英会話、世紀を経ても変わることがない語学上達の秘訣
  47. 終わりなき旅:とある日曜日のメキシコシティにて
  48. ワンズワードオンラインの世界展開について
  49. 空港にて:明日の自分のためにできること
  50. これからのことと、ワンズワードの未来について
  51. その先にあるのはなんだろう?
  52. そのとき自分が思ったことについて
  53. マリアの結婚式:ウェールズにて
  54. イタリア的な幸福のあり方について:ファヴィニャーナ島より
  55. そうしていつの日かまた
  56. 向上心と反比例する幸福度とラテンの人々について
  57. 経営は娯楽:人生を賭けたエンターテイメントについて
  58. ある贅沢な悩みと旅と起業について
  59. 自虐的な日本人についてふと思ったこと
  60. フィリピン人先生とネイティブスピーカーの先生はどっちが優秀なのか?
  61. グローバリゼーションと「雨が降れば、予定はキャンセル」の相関関係について
  62. ある日本人女性の死について
  63. あらゆる人の幸せを祈って:マニラより
  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る