グローバルキャリア塾・連載コラム
東京 0120-655153
大阪 0120-952295
グローバルキャリア塾 連載コラム

Doing Charity by Doing Business

第1回:You don't just travel the world. You make it a better place!

Mobell Communications Limited
マーケティングマネジャー

山田 真人

東京都出身。英国通信会社のMobellの社員。日本のセールス、マーケティング担当。東アフリカのマラウイの給食支援を実施する、NPO法人せいぼ理事長。マラウイコーヒーを通して、現地の給食支援を実施する事業も展開。
Mobellではマラウイ、英国、ポーランドから社会貢献事業について紹介、実践をする、オンライン留学コースを展開中。自社の国際ネットワークを通して、参加者に留学体験を提供している。

オンライン留学 ソーシャルビジネスコースのご案内

mobell

(2021年4月6日掲載)

大学時代の出会い

私は大学生の時に、ボランティアでハロウィンイベントを企画するため、
ハロウィンのことを知ろうと思い、その起源であるアイルランドの人の講演を大学で聞いていました。その後、その講演者と御縁があって、彼の事務所まで行きました。

すると、そこに1人のイギリスの方で、目が純粋で真っすぐな人がいました。
彼は私に、「日本でチャリティを広めるためにはどうしたらいいか」と、
初対面で尋ねてきたのです。

その直後、事務所の廊下に私を呼び出し、ポケットからあるカードを取り出しました。
そこに書いてあったのは、マラウイという国で彼がやっている社会貢献事業、
Beehive(https://beehivemw.org)という職業訓練センターについてでした。
正直、その時はマラウイという国がよく分かっていませんでしたが、
それ以上に心に残った言葉が、そのカードには書かれていました。
それが以下の言葉です。
“Doing Charity by Doing Business”

そしていきなり、彼は「マラウイにいきたいか?」と、私に言ってきたのです。
当時、私はその言葉が理解できませんでしたが、なぜか彼のことが忘れられませんでした。

彼は、イギリスの起業家で、会社の売り上げの大部分を、
チャリティに回す挑戦を、会社の方針で実行しています。
そして、2か月後、私はその会社に入ることを決めました。
当時訪れた事務所は、彼のMobell(https://www.mobell.com/jp)という通信会社の日本支店です。
Mobellは、SIMカードなどを世界中で提供している通信会社です。

その後、Mobellは社会貢献事業として、東アフリカのマラウイの職業訓練センター、
学校給食支援をしていることを知ることになります。
その後、私は実際にマラウイに行くことになり、
NPO法人せいぼ(https://www.seibojapan.or.jp/)で仕事をすることになったのです。

突然の営業の仕事

私が入社した2017年は、訪日外国人も増え、会社全体がちょうど、日本に滞在する外国人を、主なターゲットにする方針を決めました。
そのことで、私は多くの営業や新たなパートナー会社の連携の構築、
さらに国内の外国の方と、たくさん英語を話すようになりました。
お客様との直接の会話、電話での応対の中で、「日本はこう捉えられているのか」、
「こんなところが不便なんだ、不思議に思われるんだ」という点が分かりました。
こうして、日本を相対化することに繋がり、価値観も広がっていきました。
こうしたビジネスの現場で、自分の英語力も鍛えてもらったと思います。

世界中の人と話したい

そして、2019年に、Mobellの英国本社に行く機会がありました。
その際に、今でも忘れませんが、現地のヒースロー空港に着いたとき、
足取りが楽で、まるで日本の地下鉄を移動しているのと全く同じように、
仕事に向かうことだけ考え、必死になることができました。
その瞬間、マラウイでの体験と、イギリスの企業で行っている
ビジネス面での自分の立場が繋がった感じがしました。
言葉では表せない感覚が、確かにその時にありました。

その時に思ったのは、通信事業の理念である 
“You don't just travel the world. You make it a better place!”という言葉でした。
携帯電話のサービスは、人々の移動を支えるものです。
私たちは、その世界のネットワークを作る人たちと一緒に、
世界を変えることができるサービスができることに、喜びを感じたのと同時に、
会社に入る前に言っていたTonyの”Doing Charity by Doing Business”の意味に、
少し近づけた気がしました。

こうした社会貢献企業の体験は、皆さんにもお届けしたいと考えています。
現在、Mobellはオンライン留学コースを展開し、社会貢献事業、
チャリティの理念をお話した後、
ビジネス英語で発信力を養成できる内容を提供しています。
https://www.mobell.com/jp/course
皆さんとご一緒できるのを、楽しみにしています。

Mobellの代表Tony Smithと著者(マラウイのムランジェ山にて)
Mobellの代表Tony Smithと著者(マラウイのムランジェ山にて)

Share (facebook)

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153
まん延防止等重点措置発令に伴い営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-18:00
東日本(長野・福井以東)エリアの方
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階 <地図・アクセス>

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295
まん延防止等重点措置発令に伴い営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-17:00
西日本(愛知・岐阜以西)エリアの方
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階 <地図・アクセス>