グローバルキャリア塾・連載コラム
東京 0120-655153
大阪 0120-952295
グローバルキャリア塾 連載コラム

本気で世界で活躍したいと思う君へ ─ グローバル人材として必要とされるには?─

第5回:日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

World Unite Japan株式会社
プログラム開発マネージャー

辻 望実

World Unite! International teamの一員として教育プログラムの企画・運営・開発・販売・マーケティン グなど、タンザニア・ドイツ・南アフリカ・ギリシャ・アメリカ・イギリス・日本等の世界各国の顧客やパートナー企業と共に様々な業務に携わる。業務の傍ら、実践型教育プログラムである、フィンランドの Oulu university of applied science のMaster’s degree in Education Entrepreneurshipを受講しており、今秋修了予定。

World Unite Japan株式会社 プロフィールはこちら!

ロゴ

(2021年11月1日掲載)

日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

はじめに

私の所属するWorld Unite!は多国籍メンバーで構成されており、立場上、外国人経営者やマネージャーとやり取りをすることが多々あります。そんな中、企業の外国人経営者やマネージャーに日本人の働き方についてインタビューをする機会がありました。更に外国人同僚や上司と共に、日本企業とのやり取りを行う事も多く、日本での働き方についての感想や質問を立場上貰う事があります。学術的なデータでは無く、経験上の共有となりますが、外国人経営者やマネージャーが日本企業・団体と働く際に感じている事でよく耳にすることをこの回ではご紹介します。

※全ての日本企業・団体や日本人が当てはまる訳では無く、一般的に見られる傾向ということを前提に記事を読み進めて頂けると嬉しいです。

日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

日本人と働くには辛抱強さが必要ー外国人経営者・マネージャーが挙げる直面する4つの課題ー
①意思決定のプロセスと権限の欠如

まず、一番多かった声は意思決定が遅いという事です。これは集団主義且つトップダウン式の組織形態が原因のためであり、ミーティングは決定すべきことが決定されず、持ち帰り後に回答という事もあるため、時間がかかる結果となるみたいです。
また、ミーティングでは好感触であったにも関わらず、上司によるNGにより白紙にもどるという経験を挙げた方もいます。仕事のやり方や決定などについて詳細な指示を仰ぐことが部下に期待される(例:「報・連・相」の徹底)日本の組織に対し、外国組織はより多少のヒエラルキー内でも、部下は独立した仕事を期待され、意思決定の一部を担います。

②計画に時間を要する

また、何かを行う際にリスク中心の話題になるのも特徴的です。プロジェクトなどの実装・実行までにかなりの時間がかかり計画にを要するのはそのためでもあります。上記の意思決定と共通する部分もありますが、責任回避のために上司からの承認を要し、不必要なやり取りは珍しくないという声を聞きます。

③自分(たち)にとって必要な物を分かっていない

会議などで見られる傾向だそうですが、自分たちにとって何が必要でどの様にしたいかというのを分かっていない事も特徴です。日本人の企業・団体はこの様にしたい・この様に展開していきたい等の提案出すよりも、出された提案に沿って展開していく事が多い様です。

これは、私も通常業務でも見られることが多々あり、共感することです。日本人のインターンシップ申込者はどのプログラムを行いたいか・求めている事をしっかりと分かっていない事が多く、カウンセリング等で掘り下げた上で私の方から提案を行うことが多いです。逆に外国人インターンシップ申込者はしたい事が分かっており、提案されることが多く、実現できるよう業務を行うという風に同じインターンシップ申し込み者という立場でも違います。
また、日本企業や団体とのビジネスミーティングでも同じ様子が見られます。

④コミュニケーションの仕方が独特

日本文化特有の「空気を読む」事やYES/NOでなく曖昧な返事による間接的コミュニケーション、本音と建て前などのコミュニケーションの仕方が独特でコミュニケーション時に判断が難しい事もあるとの事です。

日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

日本人と働くことのプラスの面

日本人と働く際に上記の様なネガティブ面ばかりでなく、プラスの面の声も勿論聞きます。時間厳守である事や、勤勉さ、それから責任感の強さ等が共通して挙げられ、文化の違いを受け入れた上での協働する場合、日本人との協働に対する評価は信頼があるという事をよく耳にします。但し、日本企業や団体は過去の例が無いと中々躊躇する姿勢が多いため、1つでも過去の実績が合った方が物事が進みやすく、信頼関係を培うまでが難しいが、一度信頼関係が生まれると事が進みやすくなります。

日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

まとめー日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー

さて、外国人経営者・マネージャーが直面する協働時の課題とプラスの面を挙げましたが、いかがでしたか?

あるオンラインカンファレンスに先日、参加した際に、日本でビジネス展開を目的とする外国人経営者・マネージャーが、日本独特なビジネス文化や働き方にて、協働を断念するケースや、協働が可能な日本人や日本のパートナー企業・団体を見つけだす事が難しいと課題として挙げていました。(即ち、難しいみたいです)

先述した内容でもふれたように、直面する課題に言語力が出てこなかったことは、外国企業との協働が上手くできるかどうかは言語では無く働き方や組織のあり方等の文化面で実践面に影響があるのです。

ヒエラルキーの影響が強い詳細な指示の指導の必要のある仕事の仕方とホロクラシーの影響の強い独立した仕事の仕方の衝突がこのような課題を生み出しているのです。

次回、第六回 ナショナリズムが強い日本人というテーマでナショナリズムについてこの様な課題が課題のままであり続ける理由を考察していきます。

日本人って一緒に働きやすい?それとも難しい?ー外国人経営者やマネージャーの本音ー

World Unite Japan株式会社プロフィール

World Unite!ではヨーロッパ、アフリカ、アジア、中南米等の世界20か国以上に渡り、実践的な教育 プログラムを提供しています。
World Unite!代表は異文化理解分野で有名なホーフステーデ・インスティチュードの認定講師で、運営チームは独自研修を受けた理論と実践に精通した多国籍なエキスパートで構成されています。 国際的なチームだからこそ、異文化間コミュニケーションのプロとして、様々な場面で求められる違う 文化背景の人たちとの働き方のアドバイスやサポートを適切に行い、世界で活躍できる日本を代表 する次世代のリーダーを育成します。

World Unite Japan株式会社 ホームページ

Share (facebook)

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のため営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月~土(水を除く) 10:00-17:00
※12月は営業日が変更になります。「東京オフィスのご案内」にてご確認ください。

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のため営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月~土(水を除く) 10:00-17:00
※12月は営業日が変更になります。「大阪オフィスのご案内」にてご確認ください。

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階