海外留学サポートセンター
東京 0120-655153
大阪 0120-952295
アイルランド留学

アイルランド語学留学の基礎知識

語学留学の基礎知識

アイルランドで英語を学ぼう!

アイルランドの英語研修機関はダブリンに集中しています。また、イギリスより安く生活できることもあり、徐々にアイルランド留学の人気が高まっています。また、世界各国に英語学校を展開するグループ校もダブリンには多く開校していますので、留学費用を抑えられて同じ教材やメソッドで学べるのはメリットでしょう。そして日本人留学生比率は他国に比べると低いこと、そしてそれなりの会話はできる(できなくても話そうとする)という外国人留学生も多いため、学校で英語を教えてもらうというよりも、友人や仲間を作り生活全体から英語を身に着けていくというスタンスの人には、短期留学であっても英語を使わざるを得なくなるため、最適な環境と言えるかもしれません。また地方の町にも家族経営の小さな英語学校が点在しているので、静かな環境でゆったり滞在しながら英語も学びたい人にも最適です。

アイルランドで英語を学ぶ方法は?

政府の設けているACELSという諮問機関にて、授業内容や設備、経営方針などを審査し、語学学校の質の管理が行われており、基準を満たしている学校ののみ政府の認可が与えられています。

大学運営の語学研修機関では夏季コースや検定試験コースのほかに通年の一般英語も開講されています。

民間の語学学校は実績のあるベテラン校が首都ダブリンにあり、また主要都市ではゴールウェイ、コークなどにも数校あります。少人数制クラス&フレンドリーな雰囲気の中で一般英語をじっくり学びたいという学生には最適です。

一方、アイルランドならではの文化、音楽やダンスに惹かれて来たという学生の姿も目立ちます。緑に囲まれた美しい環境、比較的日本人留学生が少なく、費用も抑えられる、そして質も高い教育制度という大きな魅力の揃うこの国には将来を見据えた長期滞在型の留学も増えています。

アイルランドのお勧め語学学校はこちら!

(提供:Hornaer school of English)

(提供:Hornaer school of English)

★アイルランド語学留学のポイント!★

学校の規模もさまざまで大学付属の語学学校からアットホームな一軒家の語学学校などある

学校の規模もさまざまで大学付属の語学学校からアットホームな一軒家の語学学校などある

日本人留学生が比較的少ない

日本人留学生が比較的少ない

都市・エリア

アイルランド地図

ダブリン

ダブリンはアイルランド最大の都市。人口は約460万人。首都ではありますが端から端まであるいて30分程度と街全体がコンパクトで建物も低く生活するには程よい大きさ。買い物をするにも必要なお店はほとんどあって、デパートもある。人もちょうどいいほどにいて、主要観光スポットには歩いて行ける、そんなところです。お洒落で文化的。ランドマークとしては大聖堂のクライストチャーチや、ギネスビールの工場ギネスストアハウスや街の中心を流れるリフィー川やかわいい二階建てのバス、そして色とりどりの建物やパブが、ダブリンの顔と言えます。またお隣の国イギリスの首都ロンドンまでは飛行機で約1時間半で到着するので週末観光で訪れることもできるのも魅力です。

コーク

アイルランド南部、マンスター地方にあるコーク州の首都コークはダブリンに次いで第2番目の都市。教育の中心地として学生の街としても有名で人口の10パーセントが学生が占めるため留学生にとっても魅力的な環境が整っている都市とも言えます。
ダブリンからは電車で約3時間弱、バスだと3時間から3時間半。観光としてはフィッツジェラルド公園という大きく美しい公園やブラーニー城などがありコークの歴史を感じることができます。

ゴールウェイ

アイルランド首都のダブリンに次いで訪れる人が多い街がゴールウェイです。西アイルランドの中心都市として栄えています。
街のサイズはコンパクトで1泊程の旅行でも街全体を満喫できます。
中世の雰囲気のカラフルに彩られたかわいい街並みがあり、コークに次いで学生が多い街としても有名です。

ブレイ

ブレイは、アイルランドの首都ダブリンから南に約20キロ、電車で1時間くらいで行くことができることろです。
比較的、都会のダブリンから近いということもありダブリンに住んでいる人が週末の日帰り旅行などで息抜きに
訪れるのんびりしした港のリゾート地です。
海沿いの遊歩道は天気の良い日にのんびりと過ごすこともできる、とても良い雰囲気です。

滞在方法の種類と傾向

ホームステイが主流となります。ホームステイの強みは現地のアイルランド人とのコミュニケーションがとれる機会が断然多いところです。フレンドリーな国民性からか、満足出来るステイ先にあたる確率が高いといわれています。

生活に慣れ、自分のペースを維持した自由な生活をしたいという学生は寮やアパート滞在がお勧めです。夏の時期には大学の寮が開放され一般の語学学生も滞在が可能ですし、ダブリンでは地元の民間寮やアパートメントなどの手配を始めた学校が最近増えています。寮やアパートの部屋数には限りがあるので早めの手配が必要となりますが、ホームステイと比べ市内中心地により近いものが多いので便利です。

▲ホームステイの満足度が高いのがアイルランドの特徴!(提供:玉川奈央子さん)

▲ホームステイの満足度が高いのがアイルランドの特徴!(提供:玉川奈央子さん)

留学費用はどのくらい?

学校 The Horner School of English
所在地 ダブリン
プログラム 一般英語(フルタイム・週20レッスン)
期間 24週間
滞在方法 ホームステイ(シングルルーム、2食付き)
ユーロ 備考
申請料 75 9,255
授業料 4,920 525,504 週20レッスン 夏期シーズンは€25/週が追加となります
教材費 35 4,319
滞在費 4,960 612,064 18歳以上の場合 個室、朝夕食付 条件によって追加料金がかかる場合があります
空港出迎(片道) 80 9,872 空港から滞在先まで
海外送金手数料 - 8,000
弊社
サポート料金
- 33,000 サポート内容はこちら!
合計 10,070ユーロ 1,202,014円

※上記の費用は当社所定レートで仮に計算しています。実際の費用は、申請した学校より請求書が到着した日、もしくは翌営業日の三菱UFJ銀行が発表するTTSレートに1.05を乗じたレートで円貨に換算しご請求します。
※上記の概算費用のほかに、海外留学保険の加入料、航空券代金、現地での生活費などが別途かかります。 あくまでも参考としてご覧ください。

アイルランドの学生ビザについて

渡航前のビザ申請が不要!

日本人がアイルランドへ留学する場合は、期間に関係なく事前に学生ビザ申請の必要はありません。ただし、90日間以上の期間留学する人や、ワーキングホリデービザなどで滞在する人は、入国後に現地の入国管理局(GNIB)で学生ビザ(外国人登録)を申請します。申請することで、最大8カ月まで滞在が可能になります。
つまり、アイルランドは3カ月(90日)までは語学学校に通っても観光しても日本人であればビザなしで滞在が可能なので、思い立ったら比較的すぐに留学できるメリットがあります。

なお、3カ月以上滞在する長期留学生は、入国後3か月の滞在許可に加えて外国人登録(IRP)申請をすることで、+5カ月滞在延長許可が認められ、合計8カ月滞在可能となる仕組みです。もちろん、さらに滞在する人は、さらに現地にて学生ビザの延長手続きを行うという形になります。

アイルランドの学生ビザならアルバイトができるのが魅力!

アイルランド留学の最大の魅力と言ってもいいのが、現地でアルバイトができること。学生ビザを取得すれば、週20時間のアルバイトが認めてもらえます。
また、ホリデー期間(6/1〜9/30と12/1〜1/15)と呼ばれる時期は週40時間のフルタイムでアルバイトができますので、生活費や学費をその期間に稼ぐこともでいるのです。なお、アルバイトを開始するまでは銀行口座を開設したり、税金処理等の手続きを行う必要がありますが、現地語学学校などのスタッフもいろいろ教えてくれます。

アイルランドのここが好き/ここがイマイチ

アイルランド留学体験者、留学を検討中の方からのコメントです!
アイルランドのここが好き!
  • 本当にみんなが優しくて温かい
  • 治安がいい!
  • お洒落なアイリッシュパブでの一杯が最高!
  • ヨーロッパからの留学生が多い
  • 年間を通して気温の差が少ないので過ごしやすい
  • ヨーロッパ旅行へ行きやすい
  • アルバイトができる!(長期留学の場合)
    →詳しくは「アイルランド留学特集」を併せてご覧ください!
アイルランドのここがイマイチ!
  • ダブリンは首都だけれど小さい街なので都会慣れしている人には飽きてしまうかも。
  • 日本からの直行便がなく乗り継ぎになるのでちょっと面倒かも?
  • 天気が変わりやすく、にわか雨が多い。

留学カウンセラーからひと言!

英語留学というと真っ先に頭の中に出てくる国々の中に「アイルランド」は意外に思いつかない人も多いでしょう。
情報も他国にくらべると少ないので留学先として選ぶ人は全体的に見るとまだまだ少数
だからこそオススメなんです!

アイルランドの首都ダブリンの街を歩いていても日本語が聞こえてくる事はほぼありません。アジア人でさえ珍しいくらいです。地元の人以外はヨーロッパやアメリカからの旅行客、留学生が多いので、街並みも凄く綺麗で歴史と文化を肌で感じる事ができると思います。

もう1つ、アイルランド留学の魅力は地元アイルランド人はとにかく話好きで人懐こいところ。1人でいるものなら、隣の見知らぬ人が話しかけてきて話に花が咲きますよ!コミュニケーション力を身につけたいと思っている方や、シャイで自分から積極的に話しかけたりすることに少し苦手意識がある人にはアイルランドへの留学をぜひ選択肢に入れてもらいたいと思います!

旬な留学情報&プラン

アイルランドのイチオシ留学プラン

アイルランド留学特集
特集記事
特集★アイルランド留学
  • 基礎知識から留学生インタビューまで、読んだら絶対アイルランドに行きたくなる特別記事!
大学休学
休学留学&ギャップイヤー
アイルランドで実現!低予算の長期語学留学
  • ダブリン
  • リーズナブルに留学できるモデルプラン
EC30+
語学留学
<30歳以上限定>英語プログラム
  • ダブリン
  • 大手語学学校ECが提供する大人のための留学プログラム
オンライン
オンラインレッスン
海外語学学校のレッスンをご自宅で!
  • 【お申込受付中!】
  • 人気語学学校が提供するオンラインレッスン

さらに詳しく知りたい方には、資料配布&カウンセリングを実施中!

アイルランドはヨーロッパや中東、南米からの留学生が多く、比較的日本人が少ないのが特徴です。また、 教育水準の高さはユーロ圏でも随一。フレンドリーな国民性と相まって、語学学習に最適な環境が整っています。
とは言え、やはりマイナーなイメージも強く、いろいろと疑問・質問があるという方は、ぜひ毎日エデュケーションの無料カウンセリングをご利用ください!(来店・電話・e-mailもOKです)

ご自宅でじっくり検討されたいなら!まずはパンフレット請求から

毎日留学ナビの留学サポートについて、さらに詳しく知りたいという方には、パンフレットを資料で配布しています。留学の基礎知識から、留学生インタビュー、学校データなど、お役立ち情報が満載です!

パンフレット請求
留学についてプロに相談したい!

毎日留学ナビの
留学カウンセリング

カウンセリング予約

自分に合った学校を見つけたい。
どんな滞在方法があるの?
留学費用はどれくらい?

毎日留学ナビの留学カウンセラーが、目的やご予算を伺いながら、皆さまの留学をサポートいたします!東京・大阪オフィスまたはお電話でもご相談可能です。【要予約】

東京オフィス 0120-655153 地図
大阪オフィス 0120-952295 地図

カウンセリング予約はこちら!

まずは全体的な話を聞きたい!という方は、留学セミナーがお薦めです。

東京・大阪では、説明会も開催しますので、どうぞお気軽にご参加ください!

留学セミナー

Seminar & Event

10月29日(金)
16:00~16:45
オンライン(ウェビナー) 英語留学 長期留学 休学留学
11月12日(金)
11:00~11:45
オンライン(ウェビナー) 英語留学 プチ留学 短期留学
11月15日(月)
16:00~16:45
オンライン(ウェビナー) 英語留学 長期留学 休学留学
11月22日(月)
16:00~16:45
オンライン(ウェビナー) 英語留学 プチ留学 短期留学

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のため営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月~土(水を除く) 10:00-17:00
※10月は営業日が変更になります。「東京オフィスのご案内」にてご確認ください。

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のため営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月~土(水を除く) 10:00-17:00
※10月は営業日が変更になります。「大阪オフィスのご案内」にてご確認ください。

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階