海外留学サポートセンター
東京 0120-655153
大阪 0120-952295
オーストラリア留学

オーストラリア語学留学の基礎知識

オーストラリア語学留学

オーストラリアで英語を学ぶ方法は?

オーストラリアは、民間の語学学校から大学・専門学校の付属語学コースまで留学生の受入体制が整っています。

オーストラリアの教育システムは非常にしっかりしています。民間の英語学校から専門学校、そしてTAFEと呼ばれる職業専門大学と学位取得を目指す大学・大学院までが連携されています。英語研修機関においては、多種多様なコースがあることが魅力。英語研修はもちろん、英語と趣味やボランティア、専門知識などを学べるプラスαコースに加えて、ワーキングホリデーで渡航する人たちのための短期コースや、本格的に勉強したい人のための進学準備プログラム(高校・大学・TAFEなど)を目的としたコースまで幅広くあり、また最近では、シニア留学、ジュニアプログラム、児童英語教師養成コースなども人気があります。また、英語力をつけた後は、専門学校やTAFE、大学へ進学する留学生も多くいます。

(提供:Langports)

(提供:Langports)

オーストラリアの語学学校の特徴を知ろう

オーストラリアというと語学留学やワーキングホリデーの渡航先というイメージが強い方も多いと思います。実際、日本人の留学先として国別ではアメリカに次いで第二位となっています。ただ、アメリカと異なるのは大学などへの進学よりも、高校生や大学生の交換留学や民間語学学校への短期語学留学、ワーキングホリデー等の渡航者が多い点。その分、短期留学やワーホリなどで渡航する人向けに様々なプログラムや制度が整っているとも言えます。またワーホリビザ、学生ビザなどでもアルバイトすることができるので、カフェのバリスタになるためのコースがあったりするのもオーストラリアならではかもしれません。
なおオーストラリアはCRICOS、NEASといった政府公認機関による認定制度がしっかりしており、教育機関に求められている品質水準の規定が比較的厳しいため、認定校であればしっかりしているので安心して留学できるのも魅力です。

オーストラリアのお勧め語学学校はこちら!

★オーストラリア語学留学のポイント!★

国際的評価の高い大学も多く、進学を検討している人にもお薦め(提供:University of Queensland)

国際的評価の高い大学も多く、進学を検討している人にもお薦め(提供:University of Queensland)

気候が良くリラックスした環境で学べるのも魅力の一つ(提供:Cairns College of English)

気候が良くリラックスした環境で学べるのも魅力の一つ(提供:Cairns College of English)

都市・エリア

オーストラリア地図

シドニー

オーストラリア最大の街。オーストラリア経済、文化の発信地として世界中から人が集まる。それゆえ、西洋の文化のみならずいろいろ な文化を身近に味わうことが出来る。またオーストラリアにおいて、大都会の雰囲気を味わいたいという方にとっては唯一の存在かもしれない。日々の生活を都会の環境で楽しみながら勉強をしたい方にお勧めしたい。

ブリスベン

オーストラリア第 3 の都市。クイーンズランド州の州都で経済の中心でもある。観光地ではないので落ち着いた雰囲気で勉強をしたい方には理想的な環境と言える。治安も良く、電車やバスなどの交通網も発達しているので留学生には嬉しい。観光地へのアクセスも良いので週末を利用してゴールドコーストやフレーザーアイランドと言った大自然を 満喫することも可能。

メルボルン

シドニーに次いで2番目の規模を誇るのがメルボルン。しかしながらシドニーとは全く異なり歴史的な建物や文化が色濃く残る街並みはヨーロッパ的な雰囲気がある。実際に街を歩くとアフタヌーンティーを楽しむ人やオーストラリアにおけるカフェ文化発信都市であることがうかがえる。 日本での知名度はそれほどではないが、オーストラリアに留学する留学生の中ではとても人気のある都市。

ケアンズ

日本人観光客にも大人気のリゾート地。街としては非常にコンパクトにまとまっており、一日あれば街の中心地は全て見て回れてしまうほど。周辺には有名なビーチも点在しているので観光を兼ねての留学やワーキングホリデーを目的とする方に人気が高い。

パース

オーストラリア西部に位置するパースは、他の都市と比べて物価が安く、晴天率が高い温暖な気候で人気のある街。「最も美しい街」「住んでみたい街」などで名前が挙がることも多い。オーストラリアの主要都市の多くが東部に集中していることもあり、比較的日本人比率が少なめ。パースは人口約200万人の都会だが、中心地は歩いても回れる広さなので、留学生でも慣れればすぐ歩き回れる。自然豊かな街では州鳥の黒鳥が見られるほか、「世界一幸せな動物」と呼ばれるクオッカが住む「ロットネスト島」にも行くことができる。

滞在方法の種類と傾向

オーストラリアへの留学では、まずはホームステイ(食事付/自炊)からスタートする人が主流。その他にも、バックパッカーズ用ホステル、学生寮、フラットシェア(アパートシェア)などの滞在方法があり、生活スタイルや予算などに併せて変更したりするのがいいでしょう。

長期留学者の中には現地の生活に慣れるまではホームステイ、その後、現地の生活に慣れた数ヵ月後あたりから、口コミや新聞広告などを通じて、より時間の自由がきくフラットシェアなどをする方も多くいます。

▲一軒家も多く、ゆったりとした住環境はオーストラリアの魅力

▲一軒家も多く、ゆったりとした住環境はオーストラリアの魅力

留学費用はどのくらい?

学校 Sydney English Language Centre
所在地 シドニー
プログラム 一般英語(フルタイム・週20時間授業)
期間 24週間
滞在方法 ホームステイ (シングルルーム、2食付)
オーストラリアドル 備考
申請料 250 17,620
授業料 9,120 643,000 週20時間+4時間のオプショナル個人レッスン
滞在手配料 250 17,620
滞在費 7,224 509,200
教材費 360 25,400
空港出迎(片道) 145 10,220 空港から滞在先まで
OSHC(学生保険) 1260 88,900
海外送金手数料 - 8,000
弊社
サポート料金
- 33,000 サポート内容はこちら!
合計 $18,609 ¥1,352,960

※上記の費用は当社所定レートで仮に計算しています。実際の費用は、申請した学校より請求書が到着した日、もしくは翌営業日の三菱UFJ銀行が発表するTTSレートに1.05を乗じたレートで円貨に換算しご請求します。

※上記の概算費用のほかに、海外留学保険の加入料、航空券代金、ビザ申請料実費、現地での生活費などがかかります。 あくまでも参考としてご覧ください。

オーストラリアの学生ビザについて知ろう

オーストラリアへ留学する際の学生ビザは、オーストラリアの教育機関(民間語学学校、TAFE、専門学校、大学等)へ、3ヶ月以上留学する場合には申請が必要となります。
学生ビザが申請できる条件は、オーストラリア政府認定校のコースをフルタイム(週25時間以上の授業時間数)で受講することが条件となります。

オーストラリアの学生ビザはアルバイトが可能!

学生ビザを取得すると、ワークパーミット(労働許可)が自動的に得られます。アルバイトや就労できる時間数は、2週間で40時間まで働くことが可能です。実はオーストラリアでのアルバイトの時給はとても高く、最低賃金は時給約1500円程度になります(為替により変わりますが)学費をアルバイトで賄いながら、学校に通うこともできますので現地での生活コストを抑えることも可能です。
 

学生ビザを申請するための諸条件について

学生ビザを申請するには、前述のオーストラリア政府認定校であること以外にも下記の条件があります。

◆留学中の生活に必要で十分な資金の用意ができていること
◆オーストラリア政府認定校への留学であること
◆心身ともに良好な健康状態であること(場合によっては事前にオーストラリア大使館指定病院にて健康診断等を受ける必要があります)
◆OSHC(Oversea Students Health Cover)と呼ばれる海外留学生保険に加入すること。原則留学先の学校へ学費等を支払う際に併せて請求されます。
◆学生ビザ申請料金の支払いが必要となります。詳細は
※なお、学生ビザの規則については移民法に則った学生ビザの規定や規則を事前にしっかり理解することが求められています。
◆学生ビザの申請料金(初回は620ドル)
 

学生ビザ申請はオンラインで。

オーストラリアの学生ビザ申請は現在オンラインのみで受付されています。なお、学生ビザ申請料金はクレジットカードにて支払いますので、ご自身もしくは親族名義などのクレジットカードをご用意しましょう。また、学生ビザ申請はコース開始日の4ヶ月前(124日前)から受付が可能(オーストラリア国内で申請する場合は開始日より3ヶ月前(93日前)となります)。申請後発給されるまでの期間は余裕をもって2~4週間程度を見込んでおくといいでしょう。
 

知っておこう!TPSについて

TPSとは”Tuition Protection Scheme”の略称です。この制度は簡単に言えば、英語学校などに払う学費を分割で払える制度。同一コースで25週間以上申し込む場合に適用されます。たとえば、Intensive English Courseに30週間留学する場合、最初の15週間分の学費を払えば、30週間分の学生ビザを取得することができます。そして残りの15週間分の学費は現地(もしくはエージェントを通じて)で支払うことになります。もちろん最初から全額払うことも可能で、その選択が学生さんの意思で決められます。ただし、分割する場合には、学費の分割手数料などがかかる場合がありますので、事前に確認しましょう。
なお、同じコースであることが条件なので、一般英語コース20週間+試験対策コース10週間といった場合には適用されませんのでご注意ください。
詳しくは弊社留学カウンセラーにご相談頂きながらお申込み手続を進めてまいりましょう。

オーストラリア政府認定校って何?

政府認定校とは、NEAS(National Elicos Accreditation Schemeーニアス)と呼ばれる非営利団体とオーストラリア各州の政府教育機関の審査とチェックをうけて正式に学校として認可された政府公認教育機関のことを指します。NEASはオーストラリアの英語教育機関が公正に運営できるかどうかの基準を査定する団体。有資格の教師であるか、教授方法や英語教材などはしっかりしたものを使っているか、その他、留学生に対してのサポートを行っているかなど非常に細かい基準があり厳しくチェックしています。
さらに、各州の政府教育管轄機関においては、留学生への財政面での保証体制を審査しており、コースが学校の都合で受けられなくなったり、場合によっては閉校してしまった、、といった場合に、他の学校への転校手続きや学費返金などを規定しています。オーストラリアの語学学校はそうしたセキュリティがしっかりしているので、留学生も安心して学校に申込み通うことができます。

オーストラリアのここが好き/ここがイマイチ

オーストラリア留学体験者、留学を検討中の方からのコメントです!
オーストラリアのここが好き!
  • 温暖で過ごしやすい
  • 治安が良い
  • 日本と時差がほとんど無い
  • 海が好きな人にはパラダイス
  • オーストラリア固有の動物にたくさん会える
  • 世界遺産など、壮大な自然がいっぱい
  • 日本と時差がほとんど無い
  • 国が大きいので旅行で色々な場所をめぐることができる
オーストラリアのここがイマイチ
  • 時間にルーズ
  • ハエなどの虫が多い
  • 紫外線が強い
  • のんびりしているので刺激が少ない
  • アジアからの留学生が多く、国籍バランスが偏ることもある

留学カウンセラーからひと言!

オーストラリアは世界遺産も多く、空も緑も海も綺麗で大自然がいっぱい!

そんな環境や温暖な気候が影響してかオーストラリアの人はとっても大らかでフレンドリー。
細かいことは気にしない、その場にいる人はみんな友達といった具合に
留学生でも話しやすい環境がオーストラリアにはあります。
海外留学に行きたいけれど、英語を話すのが怖い。
でもどうにかしたいと思っている方にオーストラリア留学はお勧めです!

各都市はコンパクトにまとまっており公共交通機関も発達しているのでとても生活もしやすく、
また郊外にある世界遺産にも電車や車で訪れることが出来るので、
週末には贅沢に世界遺産で気分をリフレッシュなんてことも出来ます。

オーストラリアでポジティブに英語を学びませんか?

旬な留学情報&プラン

イチオシ★
オーストラリア留学プラン

オンライン
オンラインレッスン
海外語学学校のレッスンをご自宅で!
  • 【お申込受付中!】
  • 人気語学学校が提供するオンラインレッスン
オンライン
オンラインレッスン
シドニー・オンライン・ホームスティ&英語研修プログラム
  • 2週間~
  • ユニークなバーチャルホームステイ
大学休学
休学留学&ギャップイヤー
オーストラリアで実現!低予算の長期語学留学
  • メルボルン
  • リーズナブルに留学できるモデルプラン
大学休学
休学留学&ギャップイヤー
ワーキングホリデーで行く英語初級者からの海外留学
  • ゴールドコースト
  • 有名語学学校でワーホリスタートを切ろう!

さらに詳しく知りたい方には、資料配布&カウンセリングを実施中!

オーストラリアと言えば、ビーチなどのリラックスしたイメージがあり、真面目に語学を学ぶのには向かないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メルボルンなど大学ランキング上位の大学があるアカデミックな都市もあります。

毎日エデュケーションでは、ご来社・お電話での留学カウンセリング(無料・要予約)を行っていますので、どうぞお気軽にご相談ください。オーストラリア留学のエキスパートが、目的にあった都市や学校をご提案します!(来店・電話・e-mailもOKです)

ご自宅でじっくり検討されたいなら!まずはパンフレット請求から

毎日留学ナビの留学サポートについて、さらに詳しく知りたいという方には、パンフレットを資料で配布しています。留学の基礎知識から、留学生インタビュー、学校データなど、お役立ち情報が満載です!

パンフレット請求
留学についてプロに相談したい!

毎日留学ナビの
留学カウンセリング

カウンセリング予約

自分に合った学校を見つけたい。
どんな滞在方法があるの?
留学費用はどれくらい?

毎日留学ナビの留学カウンセラーが、目的やご予算を伺いながら、皆さまの留学をサポートいたします!東京・大阪オフィスまたはお電話でもご相談可能です。【要予約】

東京オフィス 0120-655153 地図
大阪オフィス 0120-952295 地図

カウンセリング予約はこちら!

まずは全体的な話を聞きたい!という方は、留学セミナーがお薦めです。

東京・大阪では、説明会も開催しますので、どうぞお気軽にご参加ください!

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153
緊急事態宣言に伴い営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-17:00
東日本(長野・福井以東)エリアの方
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階 <地図・アクセス>

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295
緊急事態宣言に伴い営業時間を17時までに短縮、スタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-17:00
西日本(愛知・岐阜以西)エリアの方
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階 <地図・アクセス>