グローバルキャリア塾・連載コラム
東京 0120-655153
大阪 0120-952295
グローバルキャリア塾 連載コラム

自宅で留学並みの中国語力を

第5回:【中国語の勉強法3/3】実践

株式会社Rungar
代表取締役

冨江 恭直

東京都出身。早稲田大学国際教養学部卒業。中国ビジネス8年(日本のゲーム、アニメ等コンテンツの中国展開に従事)、中国在住5年(上海、南京)の経験を活かし、「話せる、聞ける、ビジネスで使える」という確かな実感を重視した中国語学習のコーチング型スクールを運営しています。趣味は、中国各地の麺類を食べ歩くこと。

確実に身につく【PaoChai】オンライン中国語コーチング(毎日留学ナビ)

PaoChai オンライン中国語コーチング(ホームページ)

ロゴ

(2022年3月15日掲載)

これまで、中国語学習を3つの段階に分けた上で、最初の「基礎」段階と「語彙」段階について書きました。

まずは、「基礎」段階で、発音と文法をしっかりと固めることで、間違った発音や文法が固定化することを避け、その後の学習効率を高めることができる、ということについて説明しました。

発音と文法の基礎ができたら、あとは「話せる、聞ける」レベルで語彙を身につけることが、その後の学習の中心になります。ここでは、ある程度の長さのある文章をベースに、音読やリピーティングなどのトレーニングを中心に語彙を身につけていくことを提案しました。

今回は、最終段階である「実践」について説明します。

実践段階

【中国語の勉強法3/3】実践

基礎~語彙段階までは、本番のための準備という位置づけであり、机上での「勉強」という側面が強いです。
しかし、最後の段階は、「勉強」ではなく、実際に中国語を使っていく「実践」になります。

前にも書いた通り、外国語学習は、その言語を使って「言語行為」できるようになることが目的です。つまり中国語で、感謝、同意、謝罪、命令、陳述、質疑、招待といった意図のある行為をすることです。

さらに、これらを組み合わせて、中国現地の人々と交流したり、ビジネスをしたりすることや、日本にいながら、中国語で本を読んだり、中国のドラマを観賞することも、言語行為といえます。

実践段階の評価軸

【中国語の勉強法3/3】実践

この段階での評価軸は自分自身で決めていきます。言語行為としての実践ができたら言語(中国語)の運用はうまくいっていると評価できます。

言語を使って何をするかは、各自の自由です。文法知識を知らないとか、語順が間違っている、発音に問題があるというようなことも、自分の評価軸に照らし合わせて、どこまで改善していくかを検討することが大事だと思います。

実践をしていく中で、例えば読書で単語がわからなかったり、会話で言いたいことが言えなかったり、聞き取れなかったり、などの問題が出てくるでしょうから、そこで見つかった課題を「勉強」として取り組んでいきます。(これは、本質的には私たちが普段母語でやっていることと同じです。)

実践への移行タイミングと語彙学習の継続

【中国語の勉強法3/3】実践

早い段階で、“中国語を使って何かをする”という「本番」に移行しましょう。

“話せる、聞ける”レベルで2000~3000語程度を身につけた後はどんどん実践をしていくのが良いと思います。このような実践は勉強と比べてやりがいがあります(そもそもそれが目的だったはずです)。さらに、実践の中で、モチベーションが更に強化されるようなことが起こる可能性もあります。

もちろん、語彙数が少なければできることが限られてくるので、語彙段階の学習(音読、リピーティングなど)は今後も並行して行う必要があります。

************

以上、中国語学習の見通しをよくするため、大きく「基礎」「語彙」「実践」の3つの段階に分けて説明しました。
ここで一番重要なことは、自分で語学力の軸を持つということです。

ただし、そのような明確な目標がある人は稀でしょう。まずは、何となくの興味から、成長を楽しんでいければ良いと思います。学習初期段階では、漠然としていた目標も、本当に中国語に興味があれば、レベルが上がってくると、次第に具体的な目標(中国語を使って何かをしたい)が見えてくるはずです。

もし、いつまでもそのような目標がなく、ただただ語学検定ばかりを目標にしているのでは、そもそも本当に中国語の学習を続けていくべきか再考したほうがいいかもしれません。

中国語の学習にあたって、最初は意図的に、徹底して「勉強」として効率的に取り組み、できるだけ早く実践をしながら学ぶ段階に移行することをおすすめします。こうすることで、準備のための退屈な勉強は最小限に抑えて、実践をしながら語学力を高めることができます。

最近では、オンライン中国語会話サービスを使えば、月額1万円程度で毎日様々なネイティブと25分間(週末だけなら5000円以下)話すことができます。中国に興味のある人にとってはなんともありがたい環境でしょう。

私たちPaoChaiオンライン中国語コーチングは、実践的に中国語を身につけたい学習者を応援しています。今回までお伝えしてきた中国語学習の考え方(「基礎」「語彙」「実践」という見取り図)に興味のある方は、毎日無料カウンセリングを行っていますので、是非、PaoChaiオンライン中国語コーチングにご相談ください。各自に最適なプランをご提案させていただきます。

この記事をシェアする
  • LINE

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京カウンセリングデスク
東日本の方
0120-655153
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のためスタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月、火、木、金、第1・3土 10:00-18:00
3/24(木)より下記へ移転いたしました。また、5月の営業日は「東京カウンセリングデスクのご案内」にてご確認ください。

〒105-0004 東京都港区新橋1-12-9
ビジネスエアポ-ト新橋 (受付は7階)

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪カウンセリングデスク
西日本の方
0120-952295
お問い合わせフォームはこちら
新型コロナウィルス感染予防のためスタッフの交代出勤体制を導入しております。対応にお時間をいただく場合がございますが、何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。
月、火、木、金、第1・3土 10:00-18:00
※5月の営業日は「大阪カウンセリングデスクのご案内」にてご確認ください。

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階