台湾英語留学
台湾英語留学

台湾本科留学
全英語プログラム

【台湾で英語漬け!全授業を英語で受講!】台湾英語留学

近年、日本人を含め世界中の学生から台湾が留学先として人気を集めています。台湾の母語である中国語は勿論、国を挙げて英語教育に熱心な台湾で『全英語授業プログラム』を通して英語を学習するという留学スタイルにも人気が集まっています。英語が母語ではない台湾で、英語を学習するということに疑問を持つ方がいると思います。そんな方へ台湾でいかにして英語を勉強することができるかを以下にまとめてみました。
 

『全英語授業プログラム』とは?

台湾にいながら全ての授業を英語のみで受講し専門分野の学位が取得できるというプログラムです。
世界中からの留学生の誘致に積極的な台湾の大学では外国人留学生に配慮し全ての授業を英語で提供しているプログラムが多く見受けられます。またそのようなプログラムは現地の台湾人学生からも注目を集めており、質の高い授業を現地の学生及び他の外国人留学生と共に受講することが可能です。中には学科内の半数以上の学生が外国人留学生で占められているものもあり、英語学習には欠かせない国際的な環境が台湾には整っています。

グローバル人材の第一歩。台湾で英語漬けになるということ

前述のように、全英語授業では英語自体を学ぶというよりは、英語を使って専門分野について学ぶことになります。つまりより実践的な英語を学ぶことができ、自主学習で得た自らの英語力を、授業内のディスカッション、プレゼンテーション、課題などを通して積極的に使用していくことが可能です。また、近年台湾への留学の人気は高まっており、世界各国から外国人留学生が集まっています。特にアジア人が多いですが、インターナショナルスクール出身の学生も多く、彼らの英語力はかなり高いです。日本語の全く通じない環境で全英授業プログラムに参加し、他のファイ国人留学生とも積極的に交流することで、日々英語漬けの学校生活を送ることができるはずです。
近年台湾は英語教育に力を入れており、中でも『2030年バイリンガル国家政策』は2018年頃から話題になっている国策で、教育の現場では勿論、その他各種公共機関やビジネスの場でも英語が積極的に使われています。
台湾人の英語に対する学習意欲はとても高く、大学外にも英語学習を向上できる環境やコミュニティが多く存在します。また、FacebookやMeetupなどを使って学外のコミュニティに参加しモチベーションの高い台湾の方と共に英語力を向上することができます。

 

返済不要な奨学金

台湾の大学では様々な奨学金へ応募することができ、基本的に返済は不要です。外国人留学生向けのもの、指定された学部・学科向けのもの、全学生向けのものなど多くの奨学金が存在し、各学期ごと、または学年ごとに申請できるものが多いので奨学金を獲得できるチャンスが数多くあります。情報が公開されてから申請締め切りまでの期間が短いものもあるので積極的に情報収集する必要があります。各大学には留学生向けの窓口が設置してありますので、入学後も積極的に奨学金の相談などをしてみることをおすすめします。

英語圏の留学先に比べて低コストで留学できる

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどの英語圏への留学先に比べて、低コストで留学することができます。寮費は各学期約5~10万円(各部屋の人数や設備内容による)。食費に関しても外食の多い台湾では1食200~400円ほどで十分な食事がとれます。
【留学費用概算】

台湾の大学留学費用概算(1年)

全英語プログラム留学
1年間(2学期)
学費 約30~60万円(学部による)
滞在費 約20~30万円(学生寮相部屋)
生活費 約30~50万円(食費、交通費、携帯代など)
海外保険 約20~30万円(日本の保険会社の留学保険)
その他雑費 約10万円
合計 約110万円~180万円

※学費は一般的に理工系、医療系などが高くなる傾向があります。国立私立では国立が若干安くなりますが大きな差はありません。また、滞在費は学生寮を出て一人暮らしやアパートシェアなどを始めると倍程度かかることがあります。
※上記は生活費や宿舎費用も含まれるため、個人差があります。例えばエアコン等の電気の使い方が激しい場合や、週末や休みに旅行などに出かける場合は、生活費は多めに考えておくべきです。余裕を持ったプランニングを行うことをお勧めいたします。

※上記には弊社の手続き代行料などは含みません。別途必要になります。

インターンシップで自分の語学力を試す

日本人留学生が台湾にある企業のインターンシップへ参加する事は十分に可能です。台湾では特にスタートアップ企業を中心に、英語を話せる学生向けのインターンシップ求人が数多く存在します。1,2年生時にしっかりと語学を習得し、3,4年生時にインターンシップへ参加することは『実際に自分にどれほどの英語力があるのか』『ビジネスの場で自分の英語力は通用するのか』『海外で日本人として働くとはどういうことか』などを知るかけがえのない経験になるでしょう。インターンシップへ参加するには主に以下の2つの方法があります。
 
①大学から提供されているインターンシッププログラムへ参加する
多くの大学が独自のインターンシッププログラムを提供しています。外国人留学生向けのもの、指定学部向けのもの、指定学科向けのもの、など様々なインターンシッププログラムが見受けられます。年度によって各大学が提供する情報はもちろん変わってくるので、早い段階で自分が応募可能なプログラムを把握しておく必要があります。


②自力で探す
一見自分の力だけでインターンシップを探すのは難しそうに思えるかもしれませんが、決して難しくはありません。台湾企業が積極的に使用している以下の人材採用サイトを使って検索をしていけば多くのインターンシップ求人が見つかるはずです。


104人力銀行:https://www.104.com.tw/jobs/main/
Yourator:https://www.yourator.co/
CakeResume:https://www.cakeresume.com/about
LinkedIn:https://www.linkedin.com/
Glassdoor:https://www.glassdoor.com/

どちらにせよ自ら積極的に情報収集をしていくことが大切です。インターンシップを通してさらなる英語力の向上を目指しましょう!
 

台湾の安い学費で、英語圏の有名大学へ交換留学も!

台湾の大学では英語圏を中心に他国への交換留学が盛んです。もちろん日本人留学生も各大学の姉妹校への交換留学プログラムに参加することができます。交換留学生として海外留学するメリットとして、留学コストを抑えることができるということが挙げられます。つまり自分が在籍する台湾の大学の学費と同額でアメリカなどに留学できるということです。場合によってはさらに生活費などが支給される奨学金を受け取ることもできます。(各大学によって多少の違いはあります。)倍率の高い姉妹校へ交換留学するには入学初期から良い成績を維持し、最終的に高い英語力を証明する必要があります。
アメリカやイギリスの大学へ本当は留学したかったけど、学費や生活費などを考えるとあきらめざるを得ないという方は、台湾の大学生として在籍して、そこから行きたかったアメリカやカナダ、オーストラリアなど、他国の大学で留学経験を得られます。
また、台湾の大学からそれらの国の大学へ転籍するというのも不可能ではありません。

経験者がおすすめする英語力別留学成功大作戦

台湾の全英語授業プログラムでは自身の英語のレベルに合わせて、留学のスタイルや長期的な計画を様々な選択肢から選んでいくことが可能です。(例えば以下の様な自分のレベルに合わせた留学が可能です。)

①英語上級者
入学時から積極的に奨学金(返済不要)の申し込みをすることをおすすめします。大学や自分の所属する学部、または時期によっても申し込みが可能な奨学金は変わってくるので情報収集を怠らずにしましょう。また良い成績を維持し続けることで3年または3年半で卒業することも可能です。特に必修科目の時間割に注意し、来年、再来年の予定も見越して履修登録をしましょう。
そして、普段の全英英語授業に加え中国語の授業にも参加しトリリンガルを目指しませんか。すでに英語力に自信のある場合は、中国語の学習にも力を入れてみましょう。また在学中にはぜひ企業でのインターンシップにも参加してみましょう。ビジネスの場で緊張感を持ちながら自分の英語力を試す絶好の機会になります。

②英語中級者
先ずは台湾で英語を話す機会を増やしていきましょう。日々の授業ではなるべく日本人同士で固まらずに、積極的に多国籍グループの中に参加し英語を話す環境に溶け込みましょう。教授とも授業外に交流することは英語力をのばす良い機会になると思います。外国人留学生ならではの悩みや思いに対しても共感してくれる教授が多いです。
さらに台湾には外国人のコミュニティが多く存在します。Facebookなどでそのようなコミュニティを探し、学外でも同じ台湾に生活する外国人同士として交流することで英語を使う生活範囲を広げていきましょう。余力のある場合は中国語にも挑戦してみてはどうでしょうか。

③英語初級者
なるべく専門性の低い学科を選択することをおすすめします。先ずは英語に慣れることが大切です。専門性の高い学科に入ってしまうと、授業内容が理解できずに単位取得が難しくなってしまいます。また英語(英会話)の授業も豊富にありますので、『英語で英語を学習する』機会を積極的に取り入れ、英語に慣れる事を目指しましょう。
「初心者で大丈夫なのか?」「実際に単位は取れるのか?」と不安に思う人もいることでしょう。台湾では決して英語がうまくなくても話そうとする意欲があれば評価の対象になります。英語が話せることが当たり前ではない非英語圏の台湾だからこそ、間違いを恐れずにとにかく英語を実際に話してみるところから始めてみませんか。

入学申請について

入学時期
 基本的な入学時期は台湾では9月になります。高校を卒業してからその年の9月に入学する形になります。そして、入学するための申請の時期は、前年の9月から始まり、3月くらいまでの間が多く、大学によっては2次募集を行うところもあります。ほとんど日本の大学への入学準備のスケジュールと同じ時期と考えてください。もちろん申請時期などが毎年変わることもあるため、志望校の入学申請締切日は必ず確認するようにしましょう。申請が間に合わないと、1年後。。。ということになってしまいますのでご注意ください。

<申請に必要な書類(基本)>

申請の条件はそんなに厳しくありません。必要提出書類として、主に下記のものを出願時に提出します(※)

  • 高校を卒業していること
  • 台湾・中国・香港・マカオ国籍でないこと
    ※ご両親が台湾国籍の場合不可,詳細はお問合せください。
  • 入学願書
  • パスポートのコピー
  • 学歴証明書(英文)
  • 成績証明書(英文)
  • 残高証明書
  • 英語力(TOELFやTOEIC,IELTS)等の証明(学校により指定条件と必要レベルが異なります)
  • 留学計画書(英文もしくは中国語)
  • 推薦書
※必要書類は学校により異なりますので、詳細はお申し込み後にご案内しております。

台湾の全英語授業を実施している大学の例

こちらで紹介しているのは一部の大学となります。
大学名 分類 都市
台湾師範大学
National Taiwan Normal University
国立 台北市
台湾大学
National Taiwan University
国立 台北市
実践大学
Shih Chien University
私立 台北市
淡江大学
Tam Kang University
私立 新北市
中原大学
Chung Yuan University
私立 桃園市
中国文化大学
Chinese Culture University
私立 台北市
文藻外語大学
Wenzao Ursuline University of Languages
私立 高雄市
長栄大学
Chang Jung Christian University
私立 台南市

その他の台湾本科正規留学への道

台湾の大学進学を目指す方法はいくつかあります。あなた自信の中国語力、英語力、高校時代の学力成績、そして大学で何を学び、将来どんなキャリアを描くのかによって、選択する道は分かれていきます。

気になるプログラムを見つけたら、ぜひご相談ください!

Step 1

無料カウンセリング <ご出発の1年~半年前>

少しでも気になるプログラムが見つかったら、ぜひ毎日エデュケーションまでご連絡ください。専任の留学カウンセラーがお客様のご希望や目標、ご予算などをじっくりとうかがって、留学のプランについて話し合っていきます。
毎日エデュケーションの東京・大阪オフィスへのご来社、または遠方の方はお電話・オンラインでのカウンセリングもできます。
1+3本科、英語本科プログラムのカウンセリングは初回のみ無料です。2回目以降は情報収集などの関係上、お申込み後のご相談となりますことをご了承ください。

カウンセリング予約

Step 2

お申込み前の最終確認

担当カウンセラーと留学先や受講コースの内容、滞在方法、オプションの有無などについて、しっかりと確認していきます。

お申込みを急がせません

学部留学は一生に一度あるか無いかのチャンス。今後のキャリアも考えると迷うのは当然です。ですから毎日エデュケーションでは、手続きに十分な時間があったり、申請コースの定員に余裕がある場合は、私たちの都合でお申込みを焦らせることはありません。

Step 3

お申込み <学校ごとに締切が異なります>

最終確認が終わったらいよいよお申込み!留学の手続きを進めていきます。

毎日留学ナビならではの安心サポート

台湾本科正規留学
サポートのご案内

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンターでは台湾本科正規留学の入学申請手続から滞在先の手配、現地での生活サポートまで、様々なサービスをご用意しています。

毎日留学ナビならではの充実サポート!
  • 入学申請手続きの代行
  • 大学選定・リサーチ
  • ビザ申請のアドバイスや代行
  • 学生寮申請や滞在先手配
  • 入学後の授業登録やその他学校生活のサポート
  • 事前に現地で下見をしたい方には、大学見学サポートも。
毎日エデュケーション

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-18:00
東日本(長野・福井以東)エリアの方
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階 <地図・アクセス>

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-18:00
西日本(愛知・岐阜以西)エリアの方
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階 <地図・アクセス>