”台湾本科正規留学"

正規留学とは?

4年制の学部コースで学位が授与される本科の留学は、いわゆる「正規留学」と一般的に呼ばれています。
台湾への大学入学制度には、外国人留学生として入学することを前提に、外国人特別入試制度があり、その選抜方法は台湾国籍・台湾人学生とは異なった条件やプロセスとなります。台湾の高校教育のシステムやカリキュラムが諸外国とは異なるため、一般的な入試による選抜ではなく、中国語能力の有無、学力の証明、志望動機などにより原則無試験での選抜が一般的です。

最近では入学時に初級レベルの中国語力で入学し、1年間かけて中国語を習得、その後、大学の授業に本格的に参加する「1+3システム(台湾では国際生大一不分系と言うことが多い)などもあります。
また、台湾では英語で授業が行われる学科等が数多くあり、中国語力を条件としない選抜方法や、英語力の証明だけで入学できる「全英語授業学科」などが存在します。
もちろん、外国人特別入試制度で入学した後、台湾人学生と一緒に授業を受け評価される「正規本科」が一般的。相当の中国語能力が必要になります。

毎日留学ナビ・台湾正規留学サポートでは以下の3つのパターンについてご紹介、サポートを行っています。

(1) 1+3コース(1+3本科留学・国際生大一不分系)
・・・中国語能力は初級程度で入学。1年目はじっくり中国語学習中心で進め、2年目以降に正規学科授業メインにシフト。
(2) 全英語授業コース(全英コース)
・・・本科授業が英語で行われる大学・学科への留学。英語力が入学基準になります。中国語能力はあまり問われず入学後に授業を受けることが可能。
(3) 華語センターから正規本科入学を目指す
・・・まずは中国語研修コースに参加し、本科入学条件レベルの中国語能力を身につけながら、現地にて大学入学申請を行うスタイル。

正規本科入学後は台湾人と肩を並べて専門課程を学習するものになりますので、かなり高い中国語力が求められます。大学に併設された華語センターで中国語をしっかり学び、日常生活で大いに中国語を使いながら身につけていかなければ、日本でどれだけ中国語を学習しても、大学での中国語の授業にいきなりついていくのは大変です。また、初年度から良い成績をとり、奨学金支給などを得るためには中国語に苦労しないことが不可欠。

なお、すでに十分な中国語力がある方で、直接本科正規入学申請をご希望の方も手続き代行をご案内しております。弊社までお問合せ下さい。
 

台湾本科正規留学まで

台湾で正規留学する場合は、遅くとも入学希望の1年以上前には計画を立て始める必要があります。
学校によって申請締め切り日は異なりますが、年々締切日が早まっていることに加え、少なくともいろいろと調べて理解すること、
そして納得のいく道に進んでいただくことが大切だからです。

・学校について(場所は?キャンパスは?広さや設備は?)
・学科詳細について
・学費予算
・申請書類の準備
・住居について
・合否について

ぱっと思いつくだけでも上記のようなことが出てくるでしょう。語学留学と異なり、4年間という長い期間を海外で、しかも自分の母語ではない言葉で生活するためには、たくさんの準備と心構えが必要です。
ご自身のライフプランなども踏まえて、本当に適切な大学進学をしていただくために、弊社ではサポートをしております。  

台湾で正規留学(大学進学)するメリットは?

日本で大学進学をするのと台湾で正規留学するのでは、何がどう違うのか。
真っ先に挙げられるのは、もちろん言葉の違いです。日本にいれば・・・母語である日本語で、家族のいる日本で、大学生活を送ることができます。でも台湾に正規留学をすれば、もちろん台湾での公用語、中国語で生活をする必要性がでてきます。
ずっと暮らしていた母国を離れて生活するには、それなりに大変なこともあります。例えば文化の違いで、慣れない部分も出てくるでしょうし、気候や人との関わり方も違ってくるでしょう。

でも考えてみてください。
日本にいて生活をしながら、語学を身につけて更に大学で希望した専門分野を取得するのは、そうそう簡単ではありません。
スムーズな他言語での会話、外国人との距離感、他文化を受け入れること、これらを留学することによってすべて自然に身につけ、学歴(学士)を取得できるのです。そして海外に住むことで日本の良さをも理解することにつながります。当たり前だったことがなくなり、今まで経験のなかったことが当たり前になる・・・国際的視野を広げ、4年間で人間として必ず成長することができます。
そして卒業するころには、第二の母国として台湾を好きになっているはずです。

別の視点からも見てみましょう。
台湾の大学に進学する場合、日本で受験するような大変な試験はありません。ほとんどが書類審査と中国語(全英コースの場合は英語)レベルがメインになります。(TOCFLについてはこちら外国人枠で入学することができ、比較的有利だといえます。
中国語ができない、まだまだ初級だという方も安心してください。そういう方のための制度1+3コースが設定されています。
また、日本の大学に進学するよりも経済的に安く済むことがほとんどで、各大学でも奨学金制度が充実しています。

台湾は日本からも近く、一般的には親日といわれており、とにかく人情の国なので、困ったときには助けてくれる人がほとんど。
進路に迷ったときは、ぜひ台湾への正規留学を視野に入れてみてください。

台北101

台北101

正規留学コースの選びかた

毎日留学ナビでご案内する本科正規留学は冒頭でもご案内したとおり、3種類。どのように選ぶか?
下記を参考に詳細は各ページをご覧ください★
 

【ご注意】

  • 正規留学の合否は学校判断となります。不合格となった場合にも、弊社手続き代行料(基本サポートサービス)の返金は致しかねます。
  • 残念ながら不合格となられた場合は、大学語学センターの入学手配を無料にてお手伝いいたします。
  • お申込み時、弊社で代行ができかねると判断した場合は、辞退させていただく場合がございます。
毎日留学ナビならではの安心サポート

台湾本科正規留学
サポートのご案内

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンターでは台湾本科正規留学の入学申請手続から滞在先の手配、現地での生活サポートまで、様々なサービスをご用意しています。

毎日留学ナビならではの充実サポート!
  • 入学申請手続きの代行
  • 大学選定・リサーチ
  • ビザ申請のアドバイスや代行
  • 学生寮申請や滞在先手配
  • 入学後の授業登録やその他学校生活のサポート
  • 事前に現地で下見をしたい方には、大学見学サポートも。
毎日エデュケーション
台湾留学についてプロに相談したい!

留学カウンセリングの
ご案内

カウンセリング予約

自分に合った学校が見つけたい。
どんな滞在方法があるの?
留学費用はどれくらい?

台湾留学カウンセラーが留学の目的やご予算を伺いながら、留学のプラン作りをお手伝いいたします!東京・大阪オフィスまたはお電話でもご相談可能です。【要予約】

東京オフィス 0120-655153 地図
大阪オフィス 0120-952295 地図

カウンセリング予約はこちら!

お問い合わせはこちら

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
東京オフィス 東日本の方
0120-655153

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-18:00
東日本(長野・福井以東)エリアの方
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル 1階 <地図・アクセス>

毎日留学ナビ 海外留学サポートセンター
大阪オフィス西日本の方
0120-952295

お問い合わせフォームはこちら
月~土(水を除く) 10:00-18:00
西日本(愛知・岐阜以西)エリアの方
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階 <地図・アクセス>