サポートセンター

S.Hさん(上海師範大学)22|中国留学体験談

中国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

中国留学

留学体験談
S.Hさん(上海師範大学)22

> > > S.Hさん(上海師範大学)22


中村先生への便り(22)  「中国語に尊敬語が少ない理由の巻」

名前 S.Hさん (63歳) S.Hさん
プログラム 長期語学留学
都市 中国/上海
学校 上海師範大学
期間 6カ月 (2008年8月〜) 

中村先生

今日は珍しく部屋に光が差し込みポカポカといい気持です。

昨日、ここで知り合った日本語の先生二人と忘年会をしてきました。お一人は69歳もう一人は65歳で私より先輩です。どちらもサラリーマンを定年後この仕事(日本語教師)につかれており、お話しも楽しかったです。


★ 中国語に尊敬語が少ない理由の巻

ここで日本語を教えている方々と話していていて意見が一致したのは、地下鉄やバスの中で大声で携帯電話をかけて
いるのが日本と大きな違いであるということです。これは何を意味するか?

一人の方が仰るのには「中国には{これ}と{あれ}しかなく{それ}がないんです。それは{その服はいいですね。}とか{それを取ってください}とか相手つまり二人称の時必要なものなんですが、それが無い。{これ}は自分の領域であり{あれ}は他人の領域なんですね。二人称に必要な言葉が無いのです。だから中国には尊敬語が少ないんです。相手を尊重する文化ではないことを意味しています。」

そう理解すれば納得することが多いです。相手を尊重しないから大声で話せるし交通規則を守らなくてもいいし。ここに居ますといろいろ勉強になります。

では又報告いたします。


【中村先生への便り】 全27回


中国 中国 留学体験談へもどる >>




  • カウンセリング
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る